SEO対策

ロングテールSEO・メリット・デメリット使い方キーワード発掘方法まで解説!

なやみ君
なやみ君
SEOというのは何となく知ってるけど
ロングテールSEOって聞いたこと無いんだけど
それって重要なことなのかな?
いちろう
いちろう
ロングテールSEOは
SEO対策でも無視できない
意外と効果の高い方法なんだよ

ここではロングテールSEOとは?からはじまり
メリット/デメリットと使い方と更にロングテールキーワード発掘方法まで
解説していきますので、是非とも知っていただき活用していきましょう!

 

ロングテールSEOとは

ロングテールSEOとは
比較的検索ボリュームの小さい単語や複合キーワードを用いたSEO戦略の事をいいます。

検索ボリュームが小さいので競合する相手も当然少なくなりますから、
その点に的を絞った方法となります。

アクセス数が少ない分深いいニーズをを持った訪問者が多いので、
それを活かした手法がロングテールSEOです。

 

ロングテールSEOメリット/デメリット

ロングテールSEOには上の図のようなメリット/デメリットがあります。

キーワードというのはビッグキーワードになるほど検索ボリュームも大きく
それなりにアクセス数も狙えますが訪問者のコンバージョン率は低くなります。

逆にロングテールキーワードはスモールキーワードなので検索ボリュームが小さく
アクセス数は少ないですけど、その分読者のニーズは濃くなりますので、
数字上のコンバージョン率は高くなっていきます。

ロングテールSEOメリット

検索ボリュームが小さいと競争率が低く顧客ニーズが強いので、
何かサービスを紹介した場合に成約率が高くなるのもロングテールSEOメリット。

またアクセス数は全般に低い傾向にありますが、
複合キーワードで検索上位表示している記事もあるので、悲観したものでもありません。

Google検索エンジンから評価されているのだから上の図のように
関連するキーワードのロングテールキーワードで作成する記事を増やし
マネタイズ目的で作成した記事へ内部リンクを送る事で効果がUPします。

各ページからマネタイズ目的ページへリンクを送る事で
マネタイズページに力がついていきます。
これもロングテールSEOのメリットです。

●内部リンク構造を作る際の注意点
内部リンクを送る側のぺーじの関連キーワードをシッカリと選定する必要があり、逆にキーワード選定が曖昧だと思うほど効果が期待できない場合もあります。

必ずマネタイズ目的のページで選定したキーワードの
関連キーワードで各ページは作成してください。

 

ロングテールSEOはコンバージョン率が高い

ロングテールキーワードで選定した記事はターゲットが明確になるので、
ビッグキーワードと比較した場合コンバージョン率が高くなるのが一般的です。

ただアクセスウ数が少ないといった問題があるので、
ブログやサイト全体の力が必要になってきます。

なのでビッグキーワードで選定した記事は、
よりGoogleに評価されるように記事を作成していかなければなりません。

このようにして、
より様々なターゲットニーズに答えられるサイトやブログを目標にしていきましょう!

 

ロングテールSEOは競合が少ない

ロングテールSEOは一般的に競合が少ないという事があります。
その点を活かしシッカリとした記事で作成すれば
上位表示できる可能性が高くなります。

この点もロングテールSEOの大きなメリットですね。

 

ロングテールSEOデメリット

ロングテールSEOのデメリットはページ数が必要になるという事です。

当然ページ数を多く作成するのには時間が必要に掛かりますので、
その点がデメリットだと思います。

 

ロングテールSEOの使い方「具体的な手順」

➀ミドルキーワードを2語でページを作成
②3語の関連キーワードで選定したページを量産
③量産したページから➀のページへ内部リンクする
④量産した各ページを互いに内部リンクで結ぶ

ロングテールSEOの使い方はシンプルで
➀まず一番アクセスを集めたいページのキーワードをミドルキーワードで選定します。
具体的にミドルキーワードを2語のキーワードで選定したとします。

②次にその下のページとして3語の関連キーワードで選定したページを量産しますが、
これらのページも手を抜かないようシッカリ作成してください。

③量産したページから➀のページへ内部リンクを送ります。
内部リンクを送る際に「合わせて読みたい」といったタイトルで
画像を入れて紹介すると効果的です。

④量産した各ページを互いに内部リンクで結びます。
このようなページを内部リンクを張り巡らす事でユーザビリティの向上と
その事でGoogleの評価UPを狙えます。

また、この方法は先に説明させていただいた
「ロングテールSEOメリット」のところの図を参考にイメージされてください。

 

ロングテールSEOキーワード発掘法

ロングテールSEOを実践するのに関連した複合キーワードを多く使用します。

そのためキーワード探すのにも効率よく出来なければなりません。

Googleのサジェストキーワードで探すのもありですが
この方法にも限界があるので、やはりツールを使う事を推奨します。

キーワード発掘ツールというのは有料なもの~無料のものまで数多くあります。

 

いちろう
いちろう

私も有料無料問わず
いくつものキーワードツールを利用しました。

だから一番ベストなものを紹介しますね。

無料で使える関連キーワード発掘ツールは
ズバリ「ラッコキーワード」です。

ラッコキーワードはこちらからアクセスできます。
もちろん無料で利用する事ができます。

ラッコキーワードは、ほぼ直感的に使えるツールになっていますが、
時短で早く使い方の要領を知りたいという方は、

当ブログの別記事で分かりやすく図解りで解説していますので
参考にしてみてください。

キーワード発掘ツール「ラッコキーワード」登録方法と有効活用法ラッコキーワードってなんだか面白い名の無料キーワードリサーチツールで、 実はこれ「関連キーワード取得ツール」のバージョンアップされたも...

 

ロングテールキーワードSEOで記事の上位表示を狙う方法

この方法は説明すると長くなりますので、
当ブログ別記事にて解説させていただいておりますので、
この下よりごらんください。

SEOで検索上位を狙う為の文章の書き方「Webライティング」 検索上位できないで悩まれている方に ここではSEO的に検索上位を狙うための記事作成方法 文章の書き方について、お...

 

まとめ

今回は、ロングテールSEOについてメリット/デメリット
そして基本的な使い方やロングテールキーワードSEOで記事の上位表示を狙う方法
更にキーワード発掘法など紹介しました。

ビックキーワードを狙う事に的を絞って作業されていた方も
新たにロングテールSEOといった戦略を1つ加えれば
更なる高みへ進む事ができると思います。

ビックキーワードで上位表示記事があり
コンバージョン率の高いロングテール狙いのページ
この2つがあれば最強だと思いませんか?

更に強い仕組みを確立させるため
積極的にロングテールSEOを実践していきましょう!