SEO対策

SEOに強いドメインとは?失敗したくない【現在のおすすめドメイン】

ドメインには様々なものがあり使用者によっても
選択して良し悪しなドメインもあります。

例えば企業向けもドメインや個人向けのドメイン
あるいは国別のドメインなど。

安易にドメインんを選んでしまうとSEO的に不利になったりするので注意が必要です。

またドメインのSEO的な強さは時代によっても変化します。

「強いドメインは絶対○○だ」といった根拠の無いネット上の情報に振り回されないよう
ここではSEO的にみても強い!現在におけるドメインの選択方法と
その理由などについても説明していきます。

いちろう
いちろう
このページを最後まで読んでいただければ
ドメイン選びで失敗する事は、無くなりますよ!

ドメインを何となく手に入れて後になって、

「あ~失敗した!!」とならない為にも

それでは早速はじめていきます。

 

ドメインの種類について

一言にドメインといっても様々な種類があるので
詳しくは後で説明しますが、大まかにには以下のように分類されます。

そして独自ドメインには、「通常のドメイン(英数字)・日本語ドメイン」があり
更に

・オールドドメイン(中古ドメイン)

・無料ドメイン(無料ブログサービスのドメイン)

があります。

「無料ドメイン(無料ブログサービスのドメイン)」は厳密には、
無料ブログサービスの提供しているブログを運営する場合に、
無料ブログが所有しているドメインのサブドメインを借りて運用する形式になります。

 

独自ドメイン取得の際の注意点

独自ドメインには

・通常のドメイン例:(○○○.com)

・日本語ドメイン例:(健康.net)

・国別の海外

などのドメインがあります。

 

国別ドメイン(ccTLD)の注意点

日本の場合は、ご存知「.jp」ですよね。

因みに国別のドメイン(ccTLD)は以下のようなものがあります。

jPRS様より引用

いちろう
いちろう
一般的には知らないドメインが沢山ありますよね

このように国別のドメイン(ccTLD)があります。

そしてGoogleはドメインで国も判断していますので、
他国のドメイン(ccTLD)は決して使わないように注意が必要で、
日本在住者が他国のドメインを使用するとSEO的に不利になる場合もあります。

仮に国を特定するドメイン(ccTLD)を使う場合は必ず日本の「.jp」を使いましょう。

 

日本語ドメインの注意点

日本語ドメインは一時期SEO的に優位な期間もあり
その時は爆発的に増えましたね。

確かに日本語なので、
ドメイン名でサイトの内容が想像つくといったメリットもありますが、
今は日本語ドメインだからといって特にSEOに強いわけではありません。

逆にSNSなどでシェアした場合など文字化けして返って不自然にも感じます。

そのような事もあるので、通常の独自ドメインの方が無難でしょう。

 

オールドドメイン(中古ドメイン)について

ドメインは通常年月が経過するとドメインパワーが大きくなっていきます。

なのでオールドドメインでサイト制作すると
僅かな期間で上位表示された時代がありました。

一時期のオールドドメインブームの時は1ドメインが数万円~数十万円
なんてことも普通にありました。

ただ現在もオールドドメインがSEOに強いかといえば、
ドメイン次第というか当たり外れが激しいのが現状です。

また一時上位表示したとしてもオールドドメインを購入し、
ドメインパワーだけに頼って上位表示させた事がGoogleにバレてしまうと、
イキナリ圏外に飛ばされたりするリスクもありますね。

なのでオールドドメインに頼る事は、おすすめできません。
通常の独自ドメインんを手に入れて育てていく方が賢明です。

 

その他の独自ドメインについて

独自ドメインは、まだ沢山の種類がありますので、
主なものを紹介しておきます。

・一般トップレベルの独自ドメイン(gTLD)
・新ドメイン(New gTLD)
・セカンドレベルドメイン(SLD)

 

一般トップレベルの独自ドメイン(gTLD)

独自ドメインには通常のドメインの中にも
トップレベルドメイン(gTLD)というのがあります。

以下(gTLD)は全世界で誰でも使用する事が可能になります。

.com 商業組織
.net ネットワーク
.biz ビジネス
.org 非営利組織
.info 情報
.asia アジア太平洋地域

 

いちろう
いちろう
独自ドメインの種類の中で、
この(gTLD)が1番良いと思いますし、
特に「.comと.net」なら間違いないですね!

 

新ドメイン(New gTLD)

新ドメイン(New gTLD)とは2013年頃から登録が可能になり
その種類は700以上に及ぶという新しく生まれたドメインです。

一例をあげると以下のようなドメインがあります。

.tokyo 東京
.xyz XYZ
.click クリック
.link リンク
.shop 店/ショップ

 

セカンドレベルドメイン(SLD)

セカンドレベルドメイン(SLD)とは、
トップレベルドメイン以下に属しているドメインの事をいいます。

.co.jp 株式会社などの一般企業
.or.jp 財団法人など会社以外の団体・組織
.ne.jp プロバイダなどネットワーク関係
.jp.net 日本のネットワーク
.jpn.com 日本の商業組織

 

無料ドメインについて

無料ドメインは無料ブログを運営する会社が所有しているドメインです。

無料ドメインには意外なメリットやデメリットがありまして、
今から説明していきます。

無料ドメインのメリット

無料ドメインは比較的ドメインパワーが強いのが特徴で。
その為サブドメインまでも恩恵が有りパワーがあります。

なので無料ブログサービスを利用してブログを運営した場合
サブドメインを分け与えて借りられる事になるので
初めから強いドメインパワーの恩恵を受けながらブログが運営できます。

またブログを運営している以上は
無料でそのドメインを利用する事ができるのも無料ドメインのメリットになります。

 

無料ドメインのデメリット

無料ブログを運営して検索上位表示されるほどブログが強くなっても
ブログの所有件はブログサービスの運営側にあるため利用者のものにはなりません。

また、いつ何時ブログの利用を停止されたとしても何の文句も言えないのです。

更に何らかの理由で無料ブログサービスの所有するドメインに問題が発生し、
Googleからも評価が落ちるような事になれば利用者はサブドメインを借りているので、
全員のブログの評価が落ちてしまうといったリスクを常に持っている
といったデメリットもあります。

また無料ドメインでブログ運営するデメリットとして、
収益化したくとも規約で広告を貼る事が禁止しているところも少なくない点です。

趣味で無料ブログを運営する分には関係ないと思いますが、
収益化を望まれている方は事前に良く調べてから利用するようにしましょう。

無料ドメインには、このようなメリット/デメリットが有りますので、
ご利用の際は際には、これらの事を理解した上でブログを運営してくださいね。

 

無料ドメインのパワーが1番の無料ブログサービスは?

「無料ブログは○○○のドメインパワーが大きいので検索上位されやすい」

といった情報を時に見かけたりします。

確かに運営を長くされている無料ブログサービスの「無料ドメイン」は
ドメインパワーが大きいのには間違いありません。

これはあくまでGoogleの評価によるものなので、
どこの無料ドメインが強いのかは時期により変動していきます。

なので○○○の無料ドメインが1番強いという事は断定できません。

先ほども申しましたが、長く安定的に運営されている無料ブログであれば、
どこも無料ドメインは強いと思われても良いと考えています。

もし利用するなら目安は機能が豊富で使いやすく
広告を貼る事を禁止していないとこが良いのではないでしょうか?

その点を踏まえると個人的にはFC2ブログを推奨します。

FC2ブログの始め方!初心者にも簡単に無料ブログを作れます!ブログを無料で始めてみようと思われている方に、おすすめなのがFC2ブログです。 本当は長期目線で考えた場合に、 最初からWord...

 

まとめ

ここまで様々なドメインを紹介してきました。

そして何のドメインが一番良いか?

その答えは既にあなたの中では答えが出ている事でしょう。

現在において一番良いドメインは「独自ドメイン」ですね。

その中でも「一般トップレベルの独自ドメイン(gTLD)」
更に、その中の「.comあるいは.net」

このどちらかの独自ドメインを選択しておけば間違いありません。

趣味でブログを運営されるなら無料ドメインで問題ありませんけど、
そこに収益化を求めるなら独自ドメインを取得して
WordPressでブログやサイトを運営する。

これが間違いなくベストです。

ワードプレスブログの始め方ワードプレスブログを始めたいと思ってみても 何からどのように始めていけばよいのか悩んでいませんか? ワードプレスでブログを作成し...