SEO対策

301リダイレクト目的と設定方法とSEO的な効果について

過去記事などのリライトを検討した場合
情報が劣化したりしてリライトレベルでなく
新しくページを作り替えた方が早いと考えてはみたものの

被リンクなども付いていてるのでSEO的に被リンクパワーを引き継ぐ方法で
新規ページへ移行できないものか?

そんな都合が良い結果を考えた事はありませんか?

ズバリその都合の良い方法があります。

「301リダイレクト」を使えば全てマルク収まりますよ。

という事で今回は「301リダイレクト」について説明していきます。

301リダイレクトとは

まず301リダイレクトとは一時的なものでなく恒久的に転送するという意味で、
ページやサイトの移転が必要になった場合に使用するものになります。

文頭でお話した新しくページを作り替えるといった事ですが
例えば重複する内容のページを1つに統合したい場合などに使用したりします。

ページを移転した場合に今までのURLのぺージへアクセスすると
404(not found)になってしまうので、移転先ページへ自動で遷移・転送してくれる
便利な方法となります。

301リダイレクトによるSEO的な影響や効果

301リダイレクトにより移転先のページへは、
被リンクやGoogleの評価も引き継げるためSEO的なめんからみた効果は失われません。

つまり元々のページのパワーは持ったまま新ページへ移転する事が可能なのです。

この事で分かるのは301リダイレクトは運営者にもページへアクセスしてきた訪問者にも
どちらにも非常にメリットな方法だという事ですよね。

ぺーじ移転の際は301リダイレクトを使いましょう。

301リダイレクトの注意点

301リダイレクトは.htaccessを使用する記述となるため
サーバーによっては使えない場合もあります。

具体的には無料レンタルサーバーなどが使えないことが多いので
もし301リダイレクトを実施する場合は確認しておく必要があります。

逆にXサーバー、ロリポップ、mixhostといった
有料レンタルサーバーであれば殆ど使用する事ができます。

レンタルサーバー比較おすすめ目的別の選び方ネットでレンタルサーバーについて調べてみると調べてみたものの それそれ言っていることが違って本当の事がよくわからない 自分に合っ...

 

301リダイレクトの設定、記載方法

301リダイレクトのやり方には幾つか方法があるのですが、
一番使われている「.htaccess」を使う方法で説明します。

今回はページ単位で301リダイレクトを使う場合で説明します。

●「.htaccess」の記載方法

➀「.htaccess」ファイルに以下を記入します。

RewriteEngine on
RewriteRule ^old\.html$ http://www.example/new.html [R=301,L]

②記述した「.htaccess」ファイルをFTPを使いサーバーにアップして完了

いちろう
いちろう
意外と簡単ですよね

WordPressで301リダイレクトをする場合
「Redirection」というプラグインを使用して行う事も可能です。

この場合「Redirection」のインストール→有効化→設定
といった手順で、「Redirection」管理画面で
以下の2か所に入力するだけ

「ソースURL」元ページのURL
「ターゲットURL」リダイレクトさせたい移転先ページのURL

たったこれだけで完了します。

「.htaccess」の設定が苦手な方には、おすすめです

 

301リダイレクトが機能しているか確認方法につて

301リダイレクトの設定が完了したら
実際にキチンと機能しているか確認しておく必要があります。

この方法は簡単で無料で動作をチェックできるツールがありますので

2つ程ご案内しておきます。

どちらも転送元のURLを入力し「チェックする」ボタンをクリックするだけ

リダイレクトチェッカー

リダイレクトチェック

※301リダイレクトの設定完了後は必ず機能が正常であるか確認しておきましょう。

まとめ

今回は、リライトなどを行う上で変更後のURLが変わる場合
「301リダイレクト」を使うと元ページの評価を引き継ぎながら
ページの移転ができる事を説明させていただきました。

また「301リダイレクト」を使うとユーザーにも親切である事も話しました。

メリットある方法なのでページ移転の際は
ブログやサイトをシッカリ管理するために是非とも使っていきましょう!