マーケティング

マーケティングにおける「差別化戦略」の成功方法を初心者むけに解説!

現代はリアルの物に限らず情報も過度に溢れています。

このような供給過多の時代に商品やサービスを売っていく際には、
マーケティングにおいてもライバルとの差別化戦略が不可欠になります。

という事で、今回は「差別化戦略とは?」から始まり、
基本からポイント具体的な戦略まで分かり易く解説していきます。

ネットで収益化を図るうえでマーケティングの基礎知識としても
参考になると思いますので、どうぞお付き合いください。

 

それでは始めていきましょう。

 

差別化戦略とは?

差別化戦略とはライバルと差別化を図る事により
競争による優位性を担保するための戦略になります。

なので差別化戦略に、もし失敗すると同じ市場の中で優位性に欠けてしまい、
見込み客からの支持や満足度を得る事が出来なくなる可能性が高まり、
つまり上手く商品やサービスを販売できない状況になってしまいます。

また競争の優位性といった面で差別化戦略は、
「競争優位の戦略」の1つとして「マイケル・ポーター」という
経営学者により提唱もされております。

ポーターの競争優位の戦略
競合他社に打ち勝ち、優位性を築くための基本的戦略のフレームワーク。「3つの基本戦略」として提唱されている。

マイケル・E・ポーターは、競合他社に打ち勝ち競争優位を築くための「3つの基本戦略」を提唱しています。これは、1980年に『競争の戦略』の中で提示されて以降、競争戦略のフレームワークとして世界中で活用されているものです。
ポーターの競争優位の戦略
引用:NRI

「競争優位の戦略」では

・コストリーダーシップ戦略
・差別化戦略
・集中戦略

3つ戦略があると言われています。

これは、どちらかといえば企業向けの差別化戦略になる為、
詳細はここでは割愛させていただきます。

競争が激化している現代での差別化戦略には、
このような理論もあるという事だけ参考にしておいてください。

 

「差別化」を図るためUSPについて

USPは、競合他者と差別化を図る際のポイントとして、
使われている言葉で、3つの単語により意味されています。

その単語の頭文字を取って「USP」と呼ばれています。

USPとは、商品やサービスの独自の強みの事を示すマーケティング用語で、
それも単なる強みの事でなくユーザーが得る事ができる利益の事を言います。

またUSPを確立させる事で商品を販売する者にとっては、
ライバルとの差別化をしやすくなるといったメリットもあります。

 

差別化戦略を行う為のポイントについて

競合他者に優位に立つため差別化戦略の重要性にについては、
ご理解されたと思いますので、具体的な戦略のポイントについて解説します。

差別化戦略を行う為のポイントは、

・ターゲットユーザー(見込み客)を絞る
・競合他者(ライバル)と比較し独自性を見出す

この2つがあります。

ターゲットユーザー(見込み客)を絞る

差別化戦略においてターゲットユーザーを絞る事は非常に重要な事です。

上手くターゲティングする事が出来れば、
商品やサービスの成約は保々確定できたも同じとまで言われたりします。

ターゲットを絞り込んだ戦略は逆に見込み客の数を減少させる確率が高まるとして、
否定的な考えをするアフィリエイターやブロガーも居ます。

ところがキチンとターゲティングする事ができれば、
見込み客の数を増やす事ができてしまいます。

つまり新規の見込み客を獲得する事が可能になる訳です。

まずは的確なターゲティングをして
自分の強みを活かした「やり方」を確立させる事をおすすめします。

 

競合他者(ライバル)と比較し独自性を見出す

同じ商品やサービスを扱う他者の販売方法を研究する事が重要です。

扱っている商品やサービスのキーワード検索をして、
上位表示されているサイトやブログを徹底的に調査するようにしてみてください。

ライバルを知る事ができれば、自分なりの独自性を確立し差別化する事が容易になります。

この時に商品やサービスそのものが持つ価値より
商品やサービスの申し込みをする事で得られる利益の部分に、
注力する事で差別化を戦略を図るようにしてみましょう。

あなたから申し込みをする事で更にメリットがある事を提案する事ができれば、
更に良いでしょう。

この方法を具体的に進める方法の1つとして「新PASONAの法則」というものがあります。
新PASONAの法則を理解しておくことで飛躍的に、
見込み客からの成約を取る事ができます。

強力なマーケティング手法が新PASONAの法則であり
世界的にも、その効果は認められています。

新PASONAの法則の使い方について分かり易く解説した記事もありますので、
興味がありましたら、以下より読んでみてください!

新PASONAの法則の使い方!例文から売れる型について解説アフィリエイトなどで売れるセールスレターを書く為に、 様々な法則や成功事例をネット等で調べて勉強しても、 中々効果が上がらない…と悩...

 

差別化を明確にする3つの施策について

差別化戦略を確実に成功へと導く3つの施策について紹介します。

・➀誰の・②何を・③どんなふうに
・商品やサービスの重要なポイントをピックアップする
・商品やサービスを紹介する際に「ストーリー性」を活用する

ではそれぞれについて説明します。

 

➀誰の・②何を・③どんなふうに

商品やサービスを紹介する際、
まずは「➀誰の・②何を・③どんなふうに」を考えていきます。

➀誰の

「誰の」これは商品やサービスに対してのターゲットユーザー像
厳密にはターゲットではなくペルソナ像の事を意味します。

ペルソナとはアフィリエイトなどで考えた場合には、
商品やサービスに対する最も理想的な抽象的ユーザー像の事を言います。

ペルソナを設定する事で商品やサービスの成約率が、
飛躍的に高くなるといったメリットがあります。

このペルソナを設定する方法について、
初心者の方にも分かり易く解説した記事がありますので、
興味があるようでしたら以下より、どうぞ!

ペルソナの設定方法とマーケティングにおけるメリット【初心者向け】マーケティングに関連する事や売れるブログ記事 といった事をネットで色々調べていると「ペルソナ」という言葉が良くでてきますが、 そもそ...

 

②何を

ここでは商品やサービスに対しての詳しい説明をする事より
ユーザーが、それを使う事で得られる利益やメリットに注力して、
メッセージを伝えていく事が重要になります。

新しいカメラが発売された時を例に説明すると、
カメラについて性能や使用感などを伝える事よりも
新しいカメラを手にする事で購入者が得られる利益やメリットについて伝えます。

例えば

・カメラを持つ事で注目度が上がる
・家族などとの思い出が鮮明に残せる
・写真撮影そのものが楽しくなる

このようなメリットが多くある事を強調して見込み客にアピールしていきます。

 

③どんなふうに

「➀誰の・②何を」での見込み客像の疑問や問題点を
どんなふうに解決するのかを考えていきます。

対象とするユーザーの設定によって商品やサービスなどの伝え方も異なります。

ペルソナ設定に合わせたメッセージの伝え方やアピールを工夫していきましょう。

 

商品やサービスの重要なポイントをピックアップする

商品やサービスを訴求する際には、それに対し事前にメリットやデメリット、
そして使用などの重要なポイントを徹底的にピックアップしていきます。

また実際に利用した方の感想や口コミなども集める方が良いと思います。

とにかく関連性を感じさせるものは、後で整理すればよいので、
積極的に集めるように心がけましょう。

 

商品やサービスを紹介する際に「ストーリー性」を活用する

ターゲットユーザーの反応を高める方法として
マーケティングでは「ストーリー」をよく使います。

紹介している商品やサービスに対し如何に興味を引くのかが肝で、
その案件に対しユーザーが思わず入り込んでしまうように記事の構成を作ります。

例えば先ほどのカメラの場合であるなら仮に自分が購入しているとしたら、
そのカメラを購入に至った経緯をストーリー性を持たせた内容で
ユーザーに訴求していく。

といった感じで実践してみましょう。

 

まとめ

「差別化戦略」とは競合他者と明確な違いを見出していき、
優位性を実現する為の戦略の事をいいます。

とはいえ物やサービスが溢れている現代において、
ライバルと圧倒的な差別化を図る事は非常に困難な事となります。

しかし、そのような状況であっても圧倒的な訴求力を持つ方は存在しています。

どのようにすれば圧倒的な訴求力を持った差別化ができるのかを、
探る事も差別化戦略を図るうえで重要な事といえるでしょう。

今回、ここまで解説してきた内容は、全て「差別化戦略」を実践するうえで、
最低限知っておいていただきたい事になります。

「差別化戦略」を取り組むにあたり、どこから、どのように始めたらよいのか?

といった疑問を感じている方には特に、
ここまでの内容を参考にしてほしいと思います。