マーケティング

セグメンテーションとは?意味と使い方や分類事例を初心者向けに解説!

セグメンテーションとは日本語に訳すと「区分」になります。

マーケティング的には、市場を細分化し顧客や見込み客のニーズをグループ分けしていきます。

現代はライフスタイルの変化などでユーザーのニーズも多様化していますので、
それぞれのニーズを持つユーザーに対し的確にマーケティングを実施するため
セグメンテーションが不可欠になる訳です。

ということで、ここではセグメンテーションについて、
基本的な事や使い方、更に分類例など初心者の方にも分かり易く解説します。

それでは、みていきましょう。

 

セグメンテーションが不可欠な理由

セグメンテーションは商品やサービスが、どのターゲット層に必要なのか、
正確に把握するためのマーケティング的手段の事をいいます。

ある商品やサービスのセグメンテーションをする事で、
どの層に向けてアプローチをどのように実行すれば効果を最大化する事が可能になるか
マーケティング戦略を図る事ができます。

で、セグメンテーションが不可欠な理由は、
以下の2つになります。

・ユーザーのニーズが多様化された
・IT化の流れが急加速している

 

ユーザーのニーズが多様化された

ユーザーをセグメントする事無くメディアを使って不特定多数に向けて、
マーケティングを行えば商品やサービスが売れた時代もありました。

しかし現代の様に物と情報に溢れユーザーのライフスタイルやニーズが、
多様化されてくると不特定多数に向けた販売戦略は通用しません。

つまり顧客ニーズに対応する事ができないという事です。

ユーザーの興味を引く為には的確にセグメンテーションを行い
販売したい商品やサービスに合致したセグメントを発掘し、
各々のセグメントに合わせた販売戦略を企てる必要があります。

 

IT化の流れが急加速している

インターネットの急速な普及によりユーザー各々が使っている媒体から
手軽に商品やサービスの申し込みを行えるようになりました。

また各種SNSの普及により販売者側も消費する側も互いに、
情報のやり取りが可能となった為、セグメントした層にむけて、
的確なアプローチを行う事ができるようになりました。

また最適化した広告を出稿する事で高度なマーケティングも
身近に行う事ができるようにもなりました。

アフィリエイターの中にはセグメントしたユーザー層に向けて
様々な形態でアプローチする方も増えてきました。

マルチな販売戦略を行うアフィリエイターが増えたのも、
IT化が進んだ事が理由の1つなのでしょう。

 

「STP分析」とセグメンテーションの関係性

マーケティングにおいて「STP分析」は、
セグメンテーションと非常に密接な関係性がありますので、無視できません。

またSTPは以下の用語の頭文字を取った名前で呼ばれています。

S:Segmentation(セグメンテーション)
T:Targeting(ターゲティング)
P:Positioning(ポジショニング)

「STP分析」それぞれについて、みていきましょう。

まず最初がSegmentation(セグメンテーション)になりますが、
正にこの記事で解説している事そのものなので割愛させていただきます。

という事で次に進めます。

 

Targeting(ターゲティング)

ターゲティングとは、セグメンテーションにより
分類されたグループから自分が成約させたい案件などを選ぶ際の
根拠となる重要な作業になります。

なのでターゲティングを行う際には競合他者を調査する必要もあります。

そういった面からみるとペルソナ設定と同様な面もあります。

またターゲティングをする際にはペルソナ設定を理解されておかれると、
更に良い結果を出す事ができるでしょう。

ペルソナの設定方法とマーケティングにおけるメリット【初心者向け】マーケティングに関連する事や売れるブログ記事 といった事をネットで色々調べていると「ペルソナ」という言葉が良くでてきますが、 そもそ...

 

Positioning(ポジショニング)

ポジショニングはあらためて設定するというよりは、
ターゲティングを行っていく際に、その過程で自然と決まっていきます。

また、ポジショニングとは名前の通り自分が販売したい商材やサービス。
つまりセグメンテーションとターゲティングによって、
選んだ案件のジャンル全体の中の立ち位置になります。

そしてポジショニングは、自分が売りたい案件の立ち位置を決める作業となります。

作業をする際に重要な事は競合他者と比較した場合、
優位に立つことができるようにポジションを取るという事になります。

この事がポジショニングの成功を決めるうえで「カギ」になるといえるでしょう。

「セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング」は、
3つとも完成度を高くし、セットで使っていくという事を理解しておきましょう。

 

セグメンテーションの際に注意すべき4Rとは?

セグメンテーションは必要以上に細分化したのでは効果がないので、
最適なユーザー層を選択するため基準を設ける必要性があります。

具体的にセグメンテーションで必要な基準は以下の4つ。

①Rank(セグメントの優先順位)
②Realistic(対象セグメント規模の有効性)
③Reach(対象セグメントの到達可能性)
④Response(セグメントに対しての測定可能性)

では1つずつ見ていきましょう。

 

①Rank(セグメントの優先順位)

Rank(セグメントの優先順位)は各セグメントの特徴を自分の販売戦略と合わせ、
優先順位を重要度の高い順に決めておきます。

②Realistic(対象セグメント規模の有効性)

Realistic(対象セグメント規模の有効性)が売利上げや利益額が、
対象となるセグメントの大きさにあるか調査します。

③Reach(対象セグメントの到達可能性)

Reach(対象セグメントの到達可能性)が対象となるセグメントに商品やサービスの
販売企画が現実的に届けられるか調査します。

④Reach(到達可能性)

Reach(到達可能性)はセグメントのボリュームや購買力などを
正確に即手が可能なのか推測します。

またマーケティング実施後に結果(反応)を測定可能なのか確認もしておきます。

 

セグメンテーションにおける分類例

セグメンテーションを行う際に市場や顧客を分類する為に、
分類の基準が必要になります。

この基準をセグメンテーションおいては「変数」と呼んでいます。

そして、その「変数」は主に以下の4つとなっております。

・地理的変数(ジオグラフィック変数)
・人口動態変数(デモグラフィック変数)
・心理的変数(サイコグラフィック変数)
・行動変数

では、それぞれの「変数」についてみていきましょう。

 

地理的変数(ジオグラフィック変数)

◆地理的な違い
・国・都道府県・市町村など

◆気候
・寒い・暑い・涼しい・すごし易い・湿気・乾燥など

◆人口密度
・人口密集地・過疎化地域・人口増加地域

◆土地の交通手段
・(電車やバス)路線のインフラ状況・車の所有率

◆法的な規制
地方字自体などの条例など

◆地域による独自文化
食文化・ソウルフード・地域開催のイベントなど

上記した項目により対象ユーザーを絞り込んでいきます。

(例)◆地理的な違いの場合なら
国内外の違いから何地方(関東・関西・九州・東北など)なのか。

また◆地域による独自文化や◆気候などの違いでは、
「・食品・衣類・家電」といった商品の売れ筋にも影響してきます。

また商品ジャンルによってはネットの普及によって影響しないモノもあります。

 

人口動態変数(デモグラフィック変数)

・年齢
・性別
・家族構成
・ライフスタイル
・職業
・年収
など

(例)
就活状況や婚活状況といったものでもユーザーのニーズの違いになり、
売れる商品や必要なサービスにも関係してきます。

これら人口動態を基に算出されたデーターは、
公開されている公的機関の統計および民間企業などのリサーチなどから
得る事が可能になりますので広くりようされてる「変数」のなっています。

 

心理的変数(サイコグラフィック変数)

心理的変数(サイコグラフィック変数)は

・ライフスタイル
・価値観
・思考
・性格
など感性によるもの

で分類されます。

これらの変数(データー)はネットの進歩により
ビッグデータを解析する事でユーザーのニーズが予測できるようにもなりました。

また、これらは各ブラウザおよびアプリなどから、
記憶されたデーターの場合が殆どです。

現代はユーザーのライフスタイルや価値観も複雑で多様化している為、
グループ化する事は簡単ではなく困難な面もありますが、
ユーザー消費に対し重要な要素となっています。

 

行動変数

・ユーザーの行動パターン
・ユーザーの買い物状況
・ユーザーの購入および消費などの回数
・ユーザーの購入および消費頻度
・ユーザーの求める価格帯
・ユーザーの購入パターン
・ユーザーが返品をする際の態度

上記した項目などが主に行動変数に該当します。

 

セグメンテーションで重要視するポイント

セグメンテーションにおいては、
分類を行う事が不効率にならないよう不要な細分化は避ける事が、
重要なポイントとなります。

なので必要なものだけを分類するようにしましょう。

また実際に何が必要な事なのか?
を判断する基準として使われいるものが、
先で説明させていただいた「セグメンテーションの4R」になります。

セグメンテーション4R

①Rank(セグメントの優先順位)
②Realistic(対象セグメント規模の有効性)
③Reach(対象セグメントの到達可能性)
④Response(セグメントに対しての測定可能性)

 

セグメンテーションとWebマーケティングの関係性

セグメンテーションはWebマーケティングからみた場合も
集客を最大化する為にも重要な要素になります。

またWebマーケティングには様々な集客方法があります。

Webマーケティングの集客方法

・自然検索より集客(Organic Search)
・有料検索より集客(Paid Search)
・SNS(ソーシャルメディア)から集客(Social)
・外部サイトから集客
・メールから集客(Email)
・コンテンツマーケティングによる集客(アクセス)
・リスティング広告から集客
・リスティング広告における検索連動型広告から集客
・ディスプレイ広告から集客
・リマーケティング広告から集客
・ソーシャルメディア広告から集客
・インフルエンサーの利用から集客
・同業者をりようした集客
・コミュニティーから集客
・フォーラムから集客
・その他

また、上記した項目の集客方法について詳細かつ分かり易く解説した記事
もありますので参考の為に是非とも読んいただく事をおすすめします。

ブログの集客を最大化する基本「初級編~上級編」と有効な手法を解説ここではブログの集客を最大化する為の基本的な知識や 有効な手法について「初級編~上級編」という事で初心者の方から 中上級者まで参考に...

 

まとめ

ここまでに、セグメンテーションとは?の説明から始まり、

・同じニーズでグループを分割する事
・ユーザーのニーズが多様化
・利益を最大化させる事
・IT化の流れが急加速している事
・「STP分析」とセグメンテーションの関係性
・セグメンテーションの際に注意すべき4R
・セグメンテーションにおける分類例
・セグメンテーションを行う重要ポイント
・セグメンテーションとWebマーケティングの関係性

などについて解説してきました。

これまでの内容を参考にしていただき、
あなたの収益化、マーケティング戦略に、
是非ともセグメンテーションを活用してみてください。