アフィリエイト

アフィリエイト商材と流れについて

まず初めにアフィリエイトの流れについて説明します。

アフィリエイトというものは“紹介屋さん”という風に捉えましょう。

あなたがアフィリエイトを始めると言う事は、紹介屋さんになるという事です。

商品を紹介して、購入へと結びついた場合に紹介料を頂く。
それがアフィリエイトです。

アフィリエイト商材と流れについて

アフィリエイトの単純な流れは下記の通りです。

この中に、商品を提供する企業や、
企業との提携の仲介となるASPなどがはいってきます。

アフィリエイトは不動産会社のように考えても良いと思います。

不動産会社では、
物件を探している方に、自分のお勧めの物件などを紹介します。

そして、お客さんが契約を結んだ場合に手数料をもらいます。

ほとんど、流れは同じと言えるでしょう。

違う点は物件を紹介しているのか、
商品を紹介しているのかという点くらいです。

では、先ほどの流れをもう少し詳しく見ていきましょう。

これが一般的なアフィリエイトの流れです。

アフィリエイターはASPから商品の情報を手に入れ、
そして、メールやサイトなどを通して商品の紹介をします。

紹介によって商品が購入された場合に、
報酬が発生しアフィリエイターの収入になります。

アフィリエイトの商材について

アフィリエイトは
扱う商品によって大きく2つに分けることができます。

実際に売られている商品を扱う【物販アフィリエイト】
ノウハウなどの情報を扱う【情報商材アフィリエイト】です。

物販アフィリエイトは、
例えば美容品などの実際にある商品を紹介して報酬を得ます。

他には、レンタルサーバーの申し込みプログラムなども
物販アフィリエイトになるでしょう。

もう一方の、情報商材アフィリエイトは
稼ぐノウハウや腰痛改善法などの情報を紹介して報酬をえます。

情報商材はPDF形式や音声コンテンツ、動画コンテンツ
などで提供されるものです。

情報も一般的なものでなく、
秘匿性の高い情報を扱っています。

近年ダイエットや、犬のしつけなどの
日常生活に関わる情報商品も増えています。

またこんな事も実際にあるでしょう。。

「自分では情報商材のアフィリエイトが向いていると思っていたけど、
物販を試してみたら物販の方が稼げてしまった。」

やはり、実践してみないと自分に合っているのはどちらの方法なのか分からないものです。

案ずるより産むが易し!まずは両者の違いを理解して、
自分に合っていると思うアフィリエイトから始めていきましょう。

 

その後で、残りの一方のアフィリエイトを始めればいいのです。

では、最初に物販アフィリエイトについてお話します。

「物販、情報商材。」

どちらのアフィリエイトが稼げるのか?」という事はココでは割愛します。

ブログとサイトどちらが稼げるのか
リンゴとバナナどちらが健康に良いのか

どちらにも良い点があり、悪い点があります。

どちらをやればいいのか迷った時ベストな方法は
物販、情報商材。両者のアフィリの違いを把握して、
自分のやりやすい方法を実践してみたり、
両方の方法を兼用してみると良いでしょう。

物販アフィリエイト

物販アフィリエイトの最大の特徴として、販売するものが“モノ”ですので
商品のイメージが想像しやすい為、購入されやすいという事が言えます。

一般的に報酬は情報相商材に比べると少ないです。

あと、物販アフィリエイトは扱える商品が数多くあることも特徴です。

現在のネットで買えるものは、ほとんどアフィリエイト出来るのではないかと思うほどです。

この物販アフィリエイトで稼いでいく為のコツは何だと思いますか?

それは、やはり購入者のことを考えることですね。

購入者のことを考えて考えて、
そして考え抜いてサイトを作るかが大事なのです。

色々な考えを持つ方の中で
どういった方にアピールすれば購入してもらえるの?

購入意欲の高い人、買う気マンマンの人、
こういった方にアピールする事が出来れば良いのです。

もちろん、その場合は
購入者が求めているもののジャンルを合わせることも意識しなければなりません。

美肌になるための商品を探している方に、
保険商品などを進めても無駄ですよね。

インターネットを使って検索する人たちは
色々な種類、色々な考えを持って検索します。

購入者が求めているものを、
探す手伝いをするといった事がアフィリエイト成功のコツと言えます。

次に情報商材アフィリエイトについてお話します。

情報商材アフィリエイト

情報商材アフィリエイトの最大の特徴は、その報酬の高さと言えるでしょう。

報酬のほとんどが高いものが多く、数万円もの報酬がもらえる場合もあります。

しかし、情報商材の世間での認知度が低いという特徴も持っているので、
販売しにくいという側面も持っています。

情報商材のASPと言えばインフォトップインフォカートなどが有名です。

こういった情報販売系のASPでは、企業側の承認というものがありません。

つまり、アフィリエイトして売ってしまえば、それは確実な報酬となるのです。

物販アフィリの場合は、商品を10個売っても
8個しか承認されなかったという場面も出てきます。
この場合は承認率80%です。

その点、情報商材アフィリエイトは常に承認率100%です。

そして情報商材をアフィリエイトする場合は、

「買ってもらおう」という気持ちは、なるべく封印しましょう。

情報商材は、広告のページのほとんどはLPといった
1枚の長いページとして作成されています。

これは、LPを読んでいくほどに
購入意欲を駆り立てるように作成されています。

情報商材のLPは実践者の体験談や、著者の伝えたいことを言葉巧みに使い、
じわじわと購入へ導いているのです。

ですので、買ってもらう為のセールス作業は
情報商材の販売者・セールスレターがやってくれるので、
私達アフィリエイターはレビューしたりオリジナル特典を用意する事に専念しましょう。

私達がサイトで紹介した内容が案内した先で
販売者が同じことをいうと二重に勧めてしまう事となり
せっかくの購入意欲も冷めてしまう場合が考えられます。

その為、レビューする場合は
なるべく販売ページとコンテンツが重ならないようにしましょう。

また情報商材を紹介するにには注意点もあります。

売れるためには「売れる販売ページ」「売れる商品」である必要があります。

売れない商品はいくら案内をしても、売れません。

なのでインパクトがあり
販売ページの作りが良い商材を見極めて紹介するようにしましょう。

物販アフィリエイトの基本

物販アフィリエイトにおいて、しやすいのは
自分の趣味であったり、
自分が知識を持っている商品ですが、

稼ぐとなるとちょっとポイントが変わってくるでしょう。
稼ぐプログラムを選ぶ基準として代表的なものがあります。

その商品が
・需要はあるか(需要)
・名前が知られているか(知名度)
・申し込みはし易いか(手軽さ)

という事です。

需要がない商品を紹介しても、意味がないのは当然ですね。

また、名前が知られているかという基準も重要です。

名前が知られていることで、
購入者はどんなものか具体的に想像する事ができます。

メディアに露出していて
知名度がある商品と言うのは売れやすいです。

商品の広告に有名人が使われている場合、
一気に信用度が上がります。

「あの人が宣伝しているのなら安心だ。」

と同時に購入意欲も高まります。

「あの人が使っているのなら私も使いたい。」

知名度がある商品と言うのは、ただそれだけで信用があり、
購入意欲も高いのです。

しかも、
有名人を宣伝に起用している場合が多いのでキーワードも充実してきます。

キワードからのアクセスを引っ張ってこれることも考える
と、やはり知名度がある商品をアフィリエイトする事はお勧めです。

またその商品が申し込みやすいか
ということも重要です。

購入や、資料請求で
報酬が発生するプログラムに言えることですが、
購入や資料請求をするまでの手順が分かりにくい場合があります。

分かりにくいという事は、申し込みしにくいという事です。
( 分かりにくい = 申し込みしにくい )

中には、報酬が発生しないプログラムが目立っている場合もあります。

物販アフィリエイトをする際には、
きちんと提携先のページを確認して

申し込みが分かりやすいか、
申し込みへの案内が分かりやすく表示されているかなどを確認するようにしましょう。

上記以外の基準として、
他にも承認率やキーワードの広げやすさという点も挙げられますが
承認率は実際に扱ってみないと分かりません。

また、最初からキーワードの広げやすさなど考えていると
前に進めないという事もあります。

それから知名度の高い商品は、
他のアフィリエイターの方も率先してアフィリエイトしていると考えることができるので、あえてアフィリエイトしないというのも1つの方法です。

まぁ、あまりお勧めしない方法になりますが・・・。

そして、値段と報酬もチェックしましょう。

報酬は、期間限定キャンペーンなどで報酬10%~100%という場合もあります。

期間限定キャンペーンなどをやっている商品は、
定期的にキャンペーンをやる場合があるので
他の商品よりも優先的に選ぶようにすると良いでしょう。

商品選びに迷った時に一番良い方法としては、
「自分が欲しいなと思った商品を選ぶ」ことです。

自分が欲しいと思った商品なら、記事を書くのも楽になりますし、
なにより興味があるので

「どんな効果があるのかな」

「美味しいのかな」

「役立つのかな」

といった疑問が次々と生まれてきます。

あとは、自分の疑問を解決するような情報を記事とするだけで、
内容の濃い記事が書けるだけでなく、購入者と記事の属性が自然とマッチングします。

また、実際に欲しい商品を購入して、
商品の写真を撮り、その画像を使って記事にしたり、
自分の実体験を記事にすることも大変効果的な方法です。

このような事が物販でアフィリエイトをする基礎的な事になります。

情報商材で売れやすい商品とは?

情報商材と物販では
売れやすい商品のポイントが少し変わってきます。

物販の売れやすい商品

●需要はあるか(需要)
●名前が知られているか(知名度)
●申し込みはし易いか(手軽さ)

となっていましたが

情報商材の売れやすい商品は

●需要はあるか(需要)
●悩みは深いか(悩み度)
●セールスレターの見栄え(見栄え)

になります。

情報商材も物販で売れやすい商品と同じように
需要があるかどうかは重要です。

誰にも求められていない商品をアフィリエイトしたとしても、
自分の報酬に結び付く可能性は低いでしょう。

ですので、
ある程度求められている商品という事で、
ジャンルで言えば

ビジネス系、ダイエット系、恋愛系や学習関係、
といった商品が売れやすいです。

逆の考え方として、需要が低いものは
アフィリエイトしている人数が少ないので、
そこをあえて狙ってアフィリエイトする方法もあると思います。

ただ、この方法で成功している人は私の知る限りでは少数ですので、
やはり一般的には、多くの人に求められている商品の方が売れやすい傾向にあります。

また、悩みの深い商品は売れやすいです。
それは、悩みが深いほど
その悩みを解決する方法を求めるからです。

悩みの深さと、解決方法を求める欲求の大きさは比例するのです。

悩みと言えば、
●太っているから痩せたい
●髪が薄いから増毛したい
●お金が無いから稼ぎたい
●水虫を治したい

というものが挙げられますね。
この中でも身体的な悩みは、悩みが深いです。

ですので、お金を稼ぐビジネス商材、
ダイエット商材や増毛商材、などが売れやすいです。

また、身体的な悩みとなるか分かりませんが
赤ちゃんの産み分けやイビキ、どもりなどの悩み
アトピー、精神分裂などの病気に対する悩みなども
悩みが深いので売れやすい商材と言えます。

そして、情報商材で重要になってくるのが
前にも言いましたが、セールスレターの見栄えです。

情報商材の購入経路は、
アフィリエイトリンク → セールスレター → 購入ページ
となるためセールスレターを必ず通ります。

このセールスレターの見栄えは、購入されるかどうかを左右します。

ブログなどで上手く紹介して、セールスレターに誘導した場合に、
あまりにもセールスレターが質素な作りだった場合は購入される確率が下がります。

これはどんなに内容が良い情報商材でも言える事でしょう。

口コミで「すごい美味しい」と紹介されるお店であっても
店内が汚いと食べる気をそがれてしまいますね。
セールスレターもそれと同じなのです。

また、情報商材を購入する人の多くは
セールスレターの見栄えで、商品の内容や価値を判断します。

これは意識的なものであったり、時には無意識にそう判断しています。
ですので、セールスレターの見栄えが良い商品を選ぶ事が重要です。

具体的には

・キレイな画像が使ってある

・実際の効果が記載されてある
(ダイエット成功画像、報酬画像)

・読みやすい文章

がキチンと意識されている商品が売れやすいと言えるでしょう。

売れやすい商品の特徴を掴み、
売れやすい商品を集中的にアフィリエイトしていくことで、
稼ぐ速度も速くなっていくでしょう。

最初はどんな商品が売れやすいのか曖昧だと思います。

アフィリエイトを続けていき、商品を色々紹介するにつれて、
売れない商品を紹介してみたりと失敗も経験することで、
どんな商品が売れやすいか分かってくるようになります。

情報商材での商品の探し方

情報商材を選ぶ目安として、
まずは自分の欲しい報酬額を設定しましょう。

物販とは違い情報商材は報酬が高いのが魅力です。
そこで3000円以上、
5000円以上と自分の報酬額を設定して
商材を選ぶ範囲を狭めていきましょう。

ただ、この値段ですが
低い方が売れるとは限りません。

「高い商材は売れないだろうから、報酬が低い商材をアフィリエイトしていこう」と考えるのは少し間違っています。

3980円のダイエット商材と
9800円のダイエット商材では

意外に高い方が購入率が高いものです。

これは恐らく、

「値段が高いものが良いものに違いない」

「高いものは間違いがない」

という意識によるものでしょう。

ですので、情報商材においては、
安いものが売れやすいとは言えないのです。

範囲を狭めた中から、商材を選別する場合に
先ほど述べたセールスレターの見栄えが重要になってくるでしょう。

そして次に注意してほしいのは販売期間です。
「〇月〇日まで」といった限定販売の場合は
商品をアフィリエイトしても、期限を過ぎれば商品の販売が停止してしまいます。

情報商材は
セールスレターの出来が商品購入を左右すると言っても過言ではありません。

こういった商品は

「その期日までと割り切ってアフィリエイトするか」

作業が無駄と感じるなら

「いっそ、アフィリエイトを避ける」と良いでしょう。

少しこだわるのならば
情報商材の販売日にも目を向けてみましょう。

長い間売れ続けている商品でなければ、
販売日が最近のものをアフィリエイトすると良いでしょう。

販売日が2年前、1年前という商材は
情報が古い可能性もありますし、ライバルが強い可能性もあります。

2年間しっかりSEO対策などをしていたサイトに、
同じようなやり方の場合、今から新規参入するサイトはなかなか太刀打ちできません。

販売して間もない商材なら、
スタートラインが同じですのでどんどんアフィリエイト出来るでしょう。