ブログ記事の書き方

読まれるブログ記事タイトル付け方のポイント9選!

ブログ記事のタイトルは思った以上重要で、
タイトルの良し悪しでアクセス数も大幅に違ってきますし、
記事を読んでもらえるかにも直接関係してきます。

今回は興味を引きアクセス数が増える記事タイトル付け方のポイントについて、
手順をを追って解説していきます。

今からの解説を読まれて反応あるブログ記事タイトルを設定していきましょう!

ブログ記事のタイトルの重要性について

人は問題解決するために検索をしますよね。

それでヒットした記事の中から記事タイトルをザッと見て選ばないですか?

それだけ一瞬で記事の内容を想像させるインパクトのあるタイトルである事が重要です。

そのためには記事タイトルを付けるポイントを知っていなければなりませんよね。

そのポイントは、

・記事タイトルを見て内容を想像する事ができる

・インパクトある目立つタイトル

 

記事タイトルを付ける時のポイント9選

➀記事タイトルと記事内容を関連させる
②役立つ事が理解される記事タイトルを付ける
③インパクトあるキーワード(キラーキーワード)を記事タイトルに含める
④需要有る検索キーワードを記事タイトルに入れる
➄記事に数字を入れる
⑥簡単な内容である事を伝える記事内容で付ける
⑦誰にでも分かる言葉で記事タイトルを付ける
⑧伝えるべき内容に絞り込んだ記事タイトルをつける
⑨キーワード選定にはツールを使って調べる

では次に記事タイトルを付ける時のポイント9選について
順番に説明していきます。

➀記事タイトルと記事内容を関連させる

ときどきタイトルだけ凄まじく付けられていて

記事を読んでみると「ガッガリ」
タイトルと記事内容がマッチしておらず

酷いのになると煽り煽りの連続・・・

そのような記事に当たってしまった事はありませんか?

読者の気持ちになってみれば分かりますが、
なんか裏切られたような気分になって速攻で退出しなくなりますよね。

なので記事を作成する側として、絶対にそのような事をしてはいけません。

そのような方法では継続したアクセスは絶対に見込めませんからね。

強烈なタイトルは付けたいが
それに関連づいた記事の作成が長期的な信頼とアクセスの上ようなポイントとなります。

②役立つ事が理解される記事タイトルを付ける

読者は記事タイトルを見ただけで書いてある内容を察しるものですから
その記事を読むことで自分のニーズが満たされるのかを判断します。

そして自分の読みたい内容があると思ったとき初めて記事を読もうとします。

いちろう
いちろう
逆の立場になれば、
あなたも、そうしますよね

記事タイトルに関連した記事を作成しておくことが前提となりますが、
そのうえで、読者が「この記事は役立ちそう…」
と思わせる記事タイトルを付けなっければなりません。

読者の時間を無駄に奪う行為は、結局は自分に返ってくることになるので、
ブログ記事のタイトルは役に立つ記事がある事が必須ですが
パット見て読者の役に立つ内容が伝わるよう記事のタイトル設定をしましょう。

③インパクトあるキーワード(キラーキーワード)を記事タイトルに含める

読者の心理にドストライクした強烈なキーワードを含めましょう。

思わず引き込まれてしまうようなワードを用意できれば、
検索上近くにあるライバルブログの記事から
言葉は悪いですが読者を奪い取る事ができます。

思わず見てしまうCMのキャッチコピーのようなイメージですね。
無意識に引き込まれてしまいますからね。

そのキャッチコピーのようなブログ記事タイトルが設定できるようになれば、
興味を持ってくれる読者は、どんどん増えていく事でしょう。

是非とも、そこを目指したいきましょう。

いちろう
いちろう
そんな事言っても
私も、まだまだなので
共に頑張っていきますよ!

④需要有る検索キーワードを記事タイトルに入れる

どんなにインパクトある記事タイトルであっても
検索需要が少なければ、思うようにアクセス数は伸びません。

読者は自分の問題を解決するために、
キーワードを含めた言葉で検索する訳だから当然の事。

需要あるキーワードで、しかもインパクトもあるとなると難しものですが、
必要以上に意識し過ぎてキーワードを、あれこれ入れ過ぎては逆効果のので、
その点は気を付けていきましょう。

いちろう
いちろう
度がすぎると
変な日本語にもなりかねませんから

それから記事タイトルは長すぎず短すぎず20字前後が良いとおもいますが、
どんなに長くても40字を超すタイトルは絶対NGですので注意してくださいね。

➄記事に数字を入れる

タイトルには人の「心理」や「ニーズ」などを入れる事が重要で、
次に「数字」を入れる事も意外とポイントです。

また、「数字」を入れると反応が上がる事は広告業界などで証明されています。

「例えば○○を100倍売る方法」とか単に「例えば○○を売る方法」
これでは何となくインパクトを感じませんよね。

そこへ「100倍」といった具体的な数字を入れる事によって、
人はインパクトを受け興味を持つものなのですね。

「○○には3つの意外な法則があった」とかね。

数字がインパクトを与える理由は
元々数字には説得力があるからで、人は数字がある事で
記事の内容に興味を抱き読み進めていく行動に繋がるといった感じ。

全ての記事タイトルに数字を入れる事は逆に変にもなるので、
もちろん数字を入れた場合に説得力が上がる記事タイトでで使用する事が前提ですが、
記事タイトルを付ける上で重要なポイントになりますから是非、取り入れてみましょう!

⑥簡単な内容である事を伝える記事内容で付ける

人は「簡単」「誰でも」「短期間」「スキル要らず」といった
「簡単な事」をイメージできる言葉に反応します。

しかし、あまり極端な使い方をすると信頼を損ねますから注意が必要ですけど。

例えば
「この方法は従来不可能のされていましたが○○を知るだけで(誰でも)(短期間で)
効果が上がる事が証明されました」

といったイメージですね。

この(誰でも)(短期間で)が記事タイトルに入るだけで
自分でも苦労しないで実践できるかも?
といった期待感を持つようになります。

この言葉を数字と組み合わせたりする事で効果は更に上がります。

「(誰でも)1週間(短期間)もあれば身に付ける事も可能です」とかですね。

いわゆる「言葉のマジック」とも言えます。

人間は、そもそも楽を好む生き物だから、この事も意識しておきましょう。

⑦誰にでも分かる言葉で記事タイトルを付ける

記事タイトルには意味不明な専門用語を使っているものを時に見かけます。

これは専門性を打ち出すことを意識しているのだと思いますが、
あまり意味がありませんね。

そもそも一般人が知らない言葉を知っているのは専門家あるいは、
その分野の人なので元々知識があるのだから「知りたい」というニーズを満たしません。

誰もが知っている言葉でないと対象者もすくないので
結果アクセスもあるまりませんから
記事タイトルに、あまりレアな専門用語を入れるのは控えましょう。

誰もが知っている言葉を使う!これは基本です。

⑧伝えるべき内容に絞り込んだ記事タイトルをつける

一番伝えたい内容に絞って記事タイトルを付ける事は肝心です。

悪い例は1つの記事で、あれもこれも伝えようとする事
その結果記事タイトルも必要以上に長くなりインパクトも落ちる結果となります。

伝えたい事が多いのであれば、
それは別の記事にすれば良いのだから
決して1つの記事で複数の事を完結させようとしない事が重要です。

1つの問題点を解決する方法の記事を書くのであれば
当然タイトルも1つに的を絞るです。

意外と間違っている人も見かけますが
伝えるべきことは1つ覚えておきましょう。

そうする事で記事を読んでくれる結果に繋がりますから!

⑨キーワード選定にはツールを使って調べる

キーワードが予め決まっている時以外
どのようなキーワードに選定するか迷う事は多々ありますよね。

そんな時に思い付きで簡単にキーワードを選定し記事タイトルに入れてしまと
少なからず良い結果は出ない事が多いです。

理由は、そもそも検索する人が極端に少なかったりもあるからですね。

せっかく記事を書いても、それでは本末転倒ですから。

そこで記事タイトルのキーワード選定で悩んだら
キーワードツールを使ってみよう!という事です。

ラッコキーワードは無料で使えるし検索で良く使われているキーワードを
効率よく調べる事ができるので重宝します。

ラッコキーワードの良いとこは思いついたキーワード1つ入力するだけで、
関連した複合キーワードをリストしてくれます。

キーワード発掘ツール「ラッコキーワード」登録方法と有効活用法ラッコキーワードってなんだか面白い名の無料キーワードリサーチツールで、 実はこれ「関連キーワード取得ツール」のバージョンアップされたも...

是非キーワード選定の際に使ってみてください!

 

まとめ

今回はブログ記事タイトルの付け方として重要なポイントについて
説明してきました。

記事タイトルは、キャッチコピーと同様で
以後の内容に興味を持ってもらえるかどうかの決め手となる事も話しました。

具体的に需要がありインパクトのあるワードを付ける必要が肝心な事も
説明させていただきました。

もし仮に今まで適当にブログ記事を付けていたとしたら
今回の記事を読んでいただけた事で少しでもお役にたてれば幸いです。

今日から記事タイトルを付ける時に、
ここでお伝えした事を実践してみてくださいね!

ワードプレスブログの始め方ワードプレスブログを始めたいと思ってみても 何からどのように始めていけばよいのか悩んでいませんか? ワードプレスでブログを作成し...