アフィリエイト

ブログアフィリエイトバカ売れ記事の書き方と構成を3STEPで解説

ブログアフィリエイトで売れる記事の書き方を探していませんか?

ブログでアフィリエイトを実践しているが、
売れる記事が書けなくて思うように収益が上がらない
そんな悩みを解決するバカ売れ記事の書き方を解説しています。

売れる記事の書き方というのはパターンがあるので、
それを知っているか知らないかという事だけで結果は大きく変わります。

売れるパターンを知れば、結果は激変する事でしょう。

また売れるパターンというのはテンプレート形式に沿って
記事をかいていけば良いので意外と簡単です。

今回ここでは売れるアフィリエイト記事の書き方と構成を
以下の3STEP形式で分かり易く解説していきます。

STEP1:キーワードと記事タイトルの選定
STEP2:アフィリエイト記事の構成を作る
STEP3:テンプレートに沿ってアフィリエイト記事を書く

STEP3のアフィリエイト記事を書く事が重要なポイントになりますが、
ここは売れるテンプレートに沿ってライティングしていくので、
心配する事はありません。

これを機会に売れるアフィリエイト記事の書き方をマスターしていましましょう。

更にここでは、アフィリエイト記事に必要なSEO対策について、
重要な事も紹介していきます。

これらを全て理解していただく事で、
ブログアフィリエイトでバカ売れする事が出来るようになるでしょう。

 

という事で始めていきますね。

 

STEP1:キーワードと記事タイトルの選定

バカ売れする為のアフィリエイト記事はキーワード選定と
記事タイトル設定が超が付くほど重要になります。

なので、それぞれのポイントについて解説していきます。

 

SEOを意識したキーワードを選定する

バカ売れする為のアフィリエイト記事を書くには、
ナント言っても、まずはSEOを意識したキーワードを選定をする事です。
何がなんでもキーワードありき!

キーワードが、それほど重要なのは、ユーザーは、
「疑問・悩み解決」「「欲求を満たす」ために、
必ずキーワードを入れた言語で検索をするからです。

(例:ユーザー行動の流れ)

このような流れでユーザーが行動する為にも
行動の入口になるキーワードが「キーポイント」となるわけです。

キーワードが本当に重要な理由は、
それで集客できるか出来ないかが保々決まってしまうからです。

それほど集客する為のキーワード選定というのは重要で、
これで稼げるか稼げないかを大きく左右すると言っても過言ではないでしょう。

集客できるキーワード選定方法!5STEP【分かり易く具体的な手順で解説】サイト制作は意外に進んではいるものの思うほどのアクセスが無い 「結構な記事数はあるのに何で集客できないんだろう?」 そのよう...

 

「meta description」のキーワード選定

meta descriptionは上の画像のように
検索表示ページの記事タイトル直下に表示されるもので、
これもユーザーは参考にして記事を選びますから非常に重要です。

この「meta description」の中にも当然キーワードを含めて書く事で
ユーザーを惹き付ける効果を最大化しなければなりません。

ユーザーは記事タイトルと同様に、
この 「meta description」に書かれている内容を見て
読みたい記事を判断される方も少なくありません。

また「meta description」のSEO効果については賛否両論ありますけど、
以前ほどは効果が無いという方もいれば今でも効果があるという方もいます。

個人的には今でも以前よりはSEO効果が多少弱くなった気もしますが、
それでも少しは効果があると考えていますので手は抜けません。

なので結論を言うと適切なキーワードを「meta description」の中に盛り込み
ながらユーザーの気を惹く文章にする事でユーザーから
選んでもらえる記事になるという事です。

SEOに効果あるmeta descriptionの【書き方・概要】ブログ記事を作成する時に「meta description」を適当に書いていませんか? それって損している事になりますよ。 ...

 

アフィリエイト記事のタイトルの選定

キーワードが選定できたら次にアフィリエイト記事のタイトルを選定します。

いちろう
いちろう
アフィリエイト記事のタイトルは
超がつくほど重要です

記事を読んでもらえるかを左右する記事タイトルは非常に重要で、
アフィリエイト記事のタイトルは、本を選ぶ際に例えるなら、
誰もが必ず一番に見る本の表示に大きく書いてある「表示タイトル」に相当します。

このアフィリエイト記事タイトルが興味を惹く事ができるかで
ユーザーに記事を読んでもらえるかが決まってしまいます。

これが全くユーザーの関心を惹けないようなタイトルであれば、
当然スルーされて違う記事を選ばれてしまうでしょうね。

またタイトルには当然の事、狙ったキーワードを含める事が重要で、
それはユーザーの関心を惹き付ける役目の他にSEO的にも重要な要素があるからです。

いちろう
いちろう
次はその点について解説しますね!

 

選定したキーワードを必ず記事タイトル内に含める

検索上位表示を狙ったキーワードの選定が出来たら
そのキーワードを必ず記事タイトル内に含めましょう。

アフィリエイト記事を書く際のキーワードは、
2語の複合キーワードを使う場合が多いと思います。

そして今は以前より重要さは薄れましたけど
それでもキーワードはSEO的には、なるべく左側に設定すると良いと言われています。

以下は「アフィリエイト スキル」といった、
2語の複合キーワードで検索してみた検索表示ページになりますが、

結果を見るとキーワードが比較的タイトルの左側に設定されていますよね。

それから先ほど、お話した「meta description」の中にも、
しっかり狙ったキーワードが含まれているのが確認できると思います。

検索上位表示されている記事は、このように記事タイトルに含めるキーワードは、
出来るだけ左側に、そして「meta description」の中にも、同様に散りばめる。
という事が正論になると思います。

この検索上位表示されている記事のように記事タイトル内に、
適切なキーワード含んだ記事をGoogle検索エンジンは重要視します。

逆に、この事が成されていないとGoogle検索エンジンには、
記事の内容を理解する事が困難になってしまうので良い結果にはなりません。

これほど記事タイトルというのは重要な役割があり
アフィリエイト記事の書き方では超重要な位置にあります。

読者を惹きつける事が出来て、
Google検索エンジンにも好かれる記事タイトルを必ずつけましょう。

いちろう
いちろう
この点について更に詳しく理解しておきたい場合は、
以下の記事を参考にされてみてくださいね。
読まれるブログ記事タイトル付け方のポイント9選!ブログ記事のタイトルは思った以上重要で、 タイトルの良し悪しでアクセス数も大幅に違ってきますし、 記事を読んでもらえるかにも直接関係...

記事タイトルは基本32文字以内に納めるようにしましょう。

何故なら32文字以上の記事タイトルを付けた場合、
検索結果の表示ぺーじでは32文字を超えた部分の文字は省略されて、
ユーザーには見る事が出来ないからです。

アフィリエイト初心者の方に、よくありがちな事は、
タイトルにキーワードを沢山含めようとして32文字を遥かにオーバーした
長文記事にしてしまっている事です。

ぞのような長文の記事をせっかく考えても
ユーザー見てもらえない(意図する事が伝わらない)のでは全く意味がありません。

なので、記事タイトルは可能な限り32文字以内に納めて設定するようにしましょう。

 

ユーザーの興味を「そそる」キャッチタイトルにしよう

先ほど記事タイトルを32文字以内にする事の重要性について解説しましたが、
もう一つアフィリエイト記事タイトルの設定に重要な事があります。

それは記事のタイトルを限りなくキャッチ―にして
ユーザーの目を惹くという事です。

キャッチーは、「これは流行る」、「人気になりそう」だと思った対象に使います。

具体的には、「あの曲はすごくキャッチーだ」、「あのセリフはなかなかキャッチーだと思う」などという使い方になります。

曲やメロディーに対して使うことが多い言葉で、「キャッチーなメロディー」と言うと、流行って人気になりそうだという意味と共に、「耳に残る」、「口ずさみたくなる」という解釈も含んでいると考えていいでしょう。

このように、対象ごとに多少の拡大解釈をしても問題のない言葉です。

引用元:意味解説辞典

検索結果ページにのライバル記事が並んで表示されている中から
自分の記事を選んでもらうためにキャッチーな記事タイトルにする事は重要です。

具体的に、

どのような記事タイトルにすれば、
ユーザーから選んでもらえるのだろう?

といった事を考えたタイトルにする事です。

ということで、読まれる記事タイトルの付け方について、
詳しく知りたい方は当ブログ以下の記事も読んでみてください。

この記事を読んでみる

 

STEP2:アフィリエイト記事の構成を作る

アフィリエイトの初心者によくあることですが、
記事タイトルが決まれば、すぐに記事を書き始めてしまいます。

この場合、思い付きで記事を書いてしまう事が殆どで、
まとまりが無く読者が何を言わんとしているのかを理解するのが困難であったり、
最悪、意味不明の文章になってしまう可能性もあります。

更に付け加えれば、そのような文章はGoogleからも好かれません。

では、すぐに記事を書いてしまうと、どうしてそうなってしまうのか?

その答えは、記事を書くための構成、
いわゆる設計図を作ってないからです。

記事を書く以前に、

・文章の構成がシッカリしている
・読者にとって読み易く理解し易い
・読者の購買意欲が高まる
・読者がアクションを起こす
・検索エンジンに好かれる

このような記事を構成する必要があり
それには一番良い方法として可視化できる記事の設計図を作成する事です。

そして設計図に基づいて記事を書いていく事になります。

アフィリエイト記事の目的は最終的に、
読者に商品を購入もしくは申し込みしてもらう事。

如何に興味を持ってもらい購買意欲を高め
そして最終的にマネタイズ(出口)といった構成で記事を書く事です。

そのような構成に文章を思い付きで書ける人は稀で、
殆どの稼いでいるアフィリエイターは記事を書く前に
キチンと記事の構成をしてから書き始めます。

具体的には見出しに入れるキーワードを含めた見出しタイトルの設定と、

「h2、h3、h4」といった大見出し、中見出し、小見出しの構成など、
出来るだけ記事を書きやすいように作成しなければなりません。

それにはマインドマップを作成するのが最も効率的です。

(例)マインドマップツールで作成した記事構成

これはイメージを理解していただく為に作成したもので、
実際の記事を書く前には、各見出しのタイトルには、
キーワードを含めたタイトルを付けるようにします。

そして、その記事構成を作成するのに役立つマインドマップ無料ツールがあり、
私も実際に使ってみて重宝しているので参考までに紹介したいと思いますので、
興味があるようでしたら以下の記事を読んでみてください。

マインドマップアプリおすすめNO1「無料ツールXMind」インストールから使い方まで解説何かしら計画を立てる時に脳裏に浮かんだ「構想を上手くまとめる事ができない」 そんな事で、悩んだことはありませんか? その問題マイ...

 

見出しのタイトルを付けるポイント

見出しというのは、記事を小分けしている1つの小文のタイトルに当たるので、
読者が、そのタイトルを見ただけで、これから読もうとしている文章の内容が、
何となくイメージできるような関連キーワードを含める事が重要になります。

それでは実際に付ける見出しの「良い例・悪い例」をみていきましょう。

●見出しを付ける良い例
・h1:アフィリエイトで稼ぐ方法
・h2:アフィリエイトで稼ぐ為の準備
・h3:稼ぐ為の準備び必要な物とは?
・h2:アフィリエイトで稼ぐ手順
・h3:稼ぐ手順「1商品選び」
・h2:まとめ

良い例をみると「アフィリエイト 稼ぐ」といったキーワードに対して。
関連する複合キーワードになっているので、文章を何となく
イメージできる見出しタイトルになっていると思います。

またh3見出しまで、この例の場合「アフィリエイト 稼ぐ」
といったキーワードを入れてしまうと、
読者が何となく違和感を感じる場合があります。

なので「アフィリエイト 稼ぐ」といったキーワードh1、h2、まで含め
その下のh3見出し以下は「アフィリエイト 稼ぐ」を含めなくてOKです。

●見出しを付ける悪い例
・h1:アフィリエイトで稼ぐ方法
・h2:アフィリエイトの意味は?
・h3:アフィリエイトで役立つツールについて
・h2:副業でアフィリエイトがオススメな訳
・h3:アフィリエイトの勉強方法
・h2:まとめ

悪い例をみると、逆に「アフィリエイト 稼ぐ」といったキーワードに対して、
関連性が薄く、まとまりの無い見出しタイトルになっています。

 

見出しタイトルの決め方

見出しのタイトル名を決める際に、やってはいけない事が、
思いついたまま(気まま)に決めてしまう事です。

見出しはh1、h2、h3と関連する複合キーワードを適切に含め
記事タイトルからの流れで読者に理解し易いように構成を考えて
決める事が非常に重要です。

そして、最終的に自然な流れで出口(マネタイズ)に繋げていく事。

見出しを決める際には、そのような流れが、
不自然にならないように決めていく事が重要になります。

検索エンジンから見た場合の見出しは、
「h1、h2、h3」と関連ワードで構成している事で、
記事の構成面での良し悪しなどを把握する事が出来るようになり
ユーザーに分かり易く構成されている記事という事を判断します。

結果、評価が高くなる可能性があります。

逆に見出しに関連性の無いキーワードで構成された記事は、
読者のみならず検索エンジンからの評価も低くなってしまうので、
見出しを決める際の重要なポイントになるので覚えておきましょう。

 

STEP3:テンプレートに沿ってアフィリエイト記事を書く

実績のあるアフィリエイターほど、
アフィリエイトで成約する為に書く記事は、テンプレートに沿っています。

ここでは記事を書く場合に有効なテンプレートとして
記事を書く為の法則を2つ紹介します。

➀ペルソナ(文頭で活用する)
②PREP(本文で活用する)

では、この2つを活用して記事を書いていく方法について説明します。

 

文頭でペルソナを活用する

ここでのペルソナとは、検索キーワードの意図から
訪問者のニーズや悩みから「おそらく、この商品を求めているかも」
といった事を推測して、使うマーケティング手法。

いわゆる「ペルソナマーケティング」の事をいいます。

このペルソナを理解し意識すれば、訪問者に向けて書く文章の内容が明確になります。

それで以下のような記事の流れとしてのテンプレートが、
アフィリエイトの成約率を上げるのに有効になります。

※ペルソナ用テンプレート

このテンプレートに沿って書いていくのですが、
実際の文章で意識しておくべきポイントがあります。

そのポイントを意識する事でテンプレートの効果が飛躍的にアップしますので、
是非とも覚えておいてください。

 

STEP1:読者の問題を明確にする

記事の文頭で読者の持つ悩みや疑問、ニーズを取り上げ
問題視した様に問いかける文章を書きます。

例えば、

「○○〇でな悩んでいませんか?」

とこんな感じです。

ここで、読者の悩みにドンピシャなら

読者は「そうそう」と共感するハズで、自分の為の記事だと思います。

そうなれば次からの記事が活きてきます。

この問題を予測するにはキーワードから
検索意図を推測して考えるのがポイントになります。

 

STEP2:問題の解決策を提示する

STEP1の問いかけに対しての解決策を次に提示します。

(例)
「それなら○○○すれば意外と簡単に解決できます」

といったふうに問題の解決策を提示します。

STEP1で該当するならば読者は、

「なんで、そうなるんだ?」

といったように続きが知りたくなります。

 

STEP3:解決策の根拠を説明する

STEP2で提示した事の根拠を次に説明する事で、
読者の心境は、提示した事の内容に対し興味深々で、
更に続きを知りたくなります。

こうなってくれば、もう一息ですね。

ここまでのSTEPの役目は「共感、疑問、驚き」を与えられればベストです。

また冒頭で読者の心をガッチリ掴み記事の本文へ読み進めてもらうための文章の事を、
リード文ととも言い非常に重要になります。

ここで読者に対し最初のフックを与える事が出来なければ、
次に繋げていく事は困難になります。

記事の冒頭で読者にインパクトを与えるフックであるリード文について
分かり易く解説した記事もありますので興味があるようでしたら
以下よりどうぞ。

リード文(序文)を書く際の重要ポイント【テンプレートも紹介】記事本文を読む前に本文へ上手く誘導する為に書いてある冒頭文がリード文で、 この部分が、読者がその後の本文に興味を持ってもらえるかを左右...

 

STEP4:マネタイズする

ここでは興味が高まった読者に対し、
読者の心境が確信に変わるような文章を出口戦略として書きます。

 

 

(例)
この○○は実際、私も使っていますけど、
本当に○○する事ができました。

「これを手に入れるには○○円という事で、
価格だけみると決して安くはありませんが、
これで問題が解決出来るなら高くは無いとおもいませんか?」

といった言葉で問題を読者にシフトします。

問題をシフトされた事により読者は自分の問題として捉え、

「その通りだ」

といった気持になるハズです。

そして次に、

「○○を解決出来るなら高くないと思ったので、
私は購入したのですが、結果○○を解決できたので正解でした。」

※商品(アフィリエイト案件)のアフィリエイトリンクを設置する。

※売り込み感を読者に抱かせないように
さりげなく商品(案件)を、そっと添えるように紹介する事がポイントです。
これがSTEP4のマネタイズの出口戦略となります。

このSTEP4:「マネタイズする」ですけど
これを使うのは、間に本文を挟んで最後になりますので、
決して文頭では使わないように注意してください。

イメージだけしておいてほしいので
本文の書き方の解説をする前に、ここで説明させていただきました。

読者の気持ちが確信に変わる前にマネタイズしてしまうと
効果が半減してしまいますので、覚えておいてくださいね。

という事で、「ペルソナ」を基本とした「記事構成のテンプレート」
を理解していただけたと思いますので、次はこのテンプレートの効果を
更にアップさせる為の方法について説明していきます。

 

PREPを本文で活用する

本文の書き方のテンプレートとしてPREPを活用します。

●PREPを活用する目的
本文でPREPを使う目的は、話の内容を読者に対し、
理論的に説得力をもたせる事が可能になるからです。

分かり易い文章で読者に興味を持って読んでもらえれば
最後のマネタイズ迄スムーズに繋げていう事が出来ます。

逆に本文でPREPを使わないでマネタイズまで繋げていこうとすれば、
文章が無駄に長くなったり重要な事を読者に伝えられなくなったりと
説得力に欠けた文章になりがちです。

PREPの構成に沿って文章を書いていけば、
重要な事が効果的に読者に伝わり易くなります。

アフィリエイトの案件を成約させる事が目的の場合PREPは、
最適な方法として世界的にも認知されています。

 

●PREPを使った文章の書き方
PREPは、人間心理に元ずいてシンプルな法則で構成されているため
初心者の方でも比較的に習得し易い手法になります。

正に結果を求めるアフィリエイト記事を書く際には、効果は絶大です。

という事でPREPをテンプレートとして活用していただく為に、
各項目についてSTEP形式にして説明していきます。

 

STEP1:Point(結論)

本文は結論から書いていく方が読者にとって分かり易い文章になります。

逆に結論を後回しにして、前提の文章から答えを焦らしたような文章で始めていくと、
読者の離脱率も高くなる可能性があるので注意が必要です。

先に結論から伝え

「何故そうなるの?」

と読者が思ったら

それに繋げていける文章を書いて
先に繋げていくのがSTEP1のポイントです。

ここで結論にたいして興味深くなるよう文章を書けば、
記事の最後まで読んでもらえる確率がた高くなります。

STEP2:Reason(理由)を説明する

STEP1で結論に対して読者が

「なんで?」

と思った事に対しての理由を、ここで説明していきます。

理由を説明する事で、説得力が上がり読者が理由を理解する事で、
最終的には成約に結びつけ易くなります。

つまりアフィリエイトの目的を達成する事が出来やすくなるという事です。

なので、ここではシッカリした理由を書く事がポイントになります。

STEP3:Example(具体例)で解説する

STEP2のReason(理由)についての具体例を次に説明していきます。

具体例は具体的に書けば書くほど効果的で、読者の理解を高める為に、
ここで、具体的な数字を入れて説明したり画像や図表を使って、
実例を明確に挙げると更に読者の理解力を上げる効果が期待できます。

また画像や図表を使って可視化する事で、
必要な文章を短縮させる事も出来るので作業効率的にもメリットがありますね。

この理由については、そのジャンルについて詳しくない人でも
理解し易いよう分かり易く説明するように書くのがポイントになります。

STEP4:Point(結論)

PREPを活かしたテンプレートでは、最初のSTEP1で述べた結論を
再度ここで繰り返し話すのですが、これまでの途中の文章で説明した、
理由や具体例を上手くまとめた結論を述べる事が出来ればベストです。

人は1度だけ言われるより2度繰り返して話されると、
結論をより認識してもらえるようになります。

つまり読者の心に強くメッセージとして残り易くなります。

このようにPREPをを活用する事で、読者に対し必要最低限の文章で、
効率的にメッセージを明確に伝える事が可能になります。

なので最終的にマネタイズに繋げた際に成約率が上がるといった、
マーケティングのメカニズムがPREPのテンプレートにはありますので、
このPREP手法を是非とも取得してくださいね。

 

各テンプレートの効果をアップさせる方法

ここまでに

➀ペルソナ(文頭で活用する)
②PREP(本文で活用する)

この2つのテンプレートについて解説しました。

各テンプレートに沿って文章を書いていく際にも
抑えておくべきポイントがあるので紹介しておきます。

小学生にも理解できる文章にする

文章というのは誰にでも伝わるように書く事が重要で、
例えば科学者の講義のような専門用語が連発したような記事は
特にアフィリエイト記事には向いていません。

例えるなら小学生にでも理解できるくらいの言葉を選んで、
書いていく事がベストです。

そのような文章を書く事で、どのような訪問者にとっても対応できる訳で
専門用語を使わないからといって知識が無いとは思われないので、
万人に伝わる文章で書いていく事を心掛けましょう。

 

アフィリエイト記事に必要なSEO対策について

アフィリエイト記事を検索上位表示させる為にはSEO対策が不可欠です。

どんなに読者の役に立つ記事を書いたとしても
検索上位表示させない事には、多くの人に読んでもらう事が出来ません。

つまり訪問する読者が少ないので当然の事ですが、あまり稼ぐ事ができません。

なので、良質な記事を書く事と並行してSEO対策をする事が必要になる訳です。

検索上位表示させる為に必要なSEO対策には、

・オリジナルティーを意識する
・記事のボリューム(文章の文字数を考える)
・ロングテールも狙っていく
・読み易い記事の構成をする
・必要な画像を取り入れる
・必要に応じてグラフや表を取り入れる
などなど

アフィリエイト記事を検索上位表示させる為のSEO対策は、
非常に幅も広く克、深くなりますので、
上記した事以外にも対策するべき事があります。

なので、それらについて説明すると、
ここでは長くなってしまいますので以下より
当ブログ内の別記事を読んでみてください。

アフィリエイト記事を検索上位表示させる為のSEO対策どんなに売れるアフィリエイト記事が書けても 検索上位表示する事が出来なければ記事にアクセスしてくる読者が来ません。 苦労して記事...

この記事を読んで頂く事で、
アフィリエイト記事を検索上位表示させる為の
具体的な方法を知る事ができます。

 

まとめ

ここまでにブログアフィリエイトを実践して、
アフィリエイトの商材(案件)を多く成約するための記事の書き方および、
構成方法などについてSETP形式にもして解説してきました。

バカ売れアフィリエイト記事を書くポイント

・記事タイトルを32文字以内で作る理由
・キーワード選定の重要性とポイント
・記事を作成する前に記事の構成を作る理由
・記事の構成を効率化させる方法
・見出しを見るだけで文章がイメージできるようにする
・ペルソナ(文頭で活用する)テンプレートを解説
・PREP(本文で活用する)テンプレートを解説
・各文章を書く際に意識すべきポイント

ここまでの記事の内容を理解していただく事で、
成果が出るアフィリエイト記事を書く事がスムーズに出来るようになります。

設定したキーワードからアクセスしてくるユーザーの検索意図を深く理解し、
ユーザーの意図、つまり悩みや疑問、ニーズに的を当てた記事を作成できるようになれば、
あなたの書いたアフィリエイト記事から紹介する商品(案件)はバカ売れするでしょう。

そして、ここまで解説してきた事を実践するには、
機能面に優れ拡張性の高いWordPressブログをで実践する事をおすすめします。

何故ならWordPressには、そもそも初めからアフィリエイトで必要とされる
基本的な機能が搭載されているからです。

つまりアフィリエイトで売れる為の機能を持ち合わせているという事で。
ライバルと戦って勝つための必要な武器があるという事なんですね。

なので未だWordPressでブログを運営されていない方は
悪い事は言いませんのでWordPressでブログを運営する事を検討してみてください。

ワードプレスブログの始め方ワードプレスブログを始めたいと思ってみても 何からどのように始めていけばよいのか悩んでいませんか? ワードプレスでブログを作成し...