ブログ記事の書き方

リード文(序文)を書く際の重要ポイント【テンプレートも紹介】

記事本文を読む前に本文へ上手く誘導する為に書いてある冒頭文がリード文で、
この部分が、読者がその後の本文に興味を持ってもらえるかを左右する
非常に重要な役割をしているのです。

ライティングスキルの高い人ほどリード文で読者に対し、
本文を直ぐにでも読みたくなるような心をに刺さる文章を書くことができますが、
ライティング初心者はリード文の本来の役割を知しらない方も少なくないようです。

リード文の役割を理解していないなら
本文に興味を持ってもらえる文章になる事は難しくなりますよね。

そこで今回はリード文(序文)を書く際のポイントについて
初心者の方にも分かり易く解説していきます。

今までリード文(序文)について良く理解されていなかった方や
リード文について少しは理解していたが上手く書くことが出来ない方は、
これから話す内容を参考にしてみてください。

 

リード文(序文)の重要な3つの役割

リード文(序文)には重要な3つの役割があるため上の図のように
記事の文頭に配置されています。

リード文(序文)の重要な3つ役割は、

・読者が本文を読むかの判断基準
・読者の滞在時間ほ増やしSEO効果を飛躍させる
・ライバルとの差別化が出来る

このような内容になっております。

 

読者が本文を読むかの判断基準

読者は文頭にあるリード文(序文)を良く事で、
以降の本文を読むか否かの判断をします。

読者は何らかの問題解決をする為にブログにアクセスしてきていますから
その解決策が、ここには書いてあるかが重要で、
リード文(序文)は、その判断基準となります。

つまり、リード文(序文)を読むことで本文へ読み進めるかどうかが、
そこで決まってしまう訳ですね。

 

読者の滞在時間ほ増やしSEO効果を飛躍させる

リード文(序文)は意外と思われるかも知れませんが、
読者の滞在時間を増やし、そのことでGoogleの評価も上がりますから
結果SEO効果を飛躍させる事にも繋がります。

いちろう
いちろう
記事の滞在時間が長いと
Googleは良いコンテンツとしてカウントしますからね

読者の滞在時間が増える理由は、リード文(序文)を読んで、
本文に自分が求めている内容があると思えば、本文まで読み進めてくれるからです。

逆にリード文(序文)が、そもそも無かったり、あったとしても
本文へ誘導する内容になっていなければ最悪、本文へ行く前に、
離脱してしまう可能性も少なくありません。

なので良く出来たリード文(序文)は、
「読者の滞在時間を増やしSEO効果を飛躍させる」効果があるのです。

 

ライバルとの差別化が出来る

リード文(序文)だけで「ライバルとの差別化が出来る」というと
「なんで?」と思われるかもしれませんね。

実はリード文(序文)の重要性を知らずにブログ運営をされている方が多いから。

多くの方は本文の内容を充実させる事の重要性ばかりに気を取られていて、
リード文(序文)の方に目が向いていない方が少なくありません。

せっかく充実したコンテンツが本文にあっても
読者が読み進めてくれなければ本末転倒ですよね。

苦労して書いた文章が無意味になってしまう訳ですから。

このような理由により良いリード文(序文)が書ければ、
ライバルとの差別化が出来る事になります。

いちろう
いちろう
リード文(序文というのは
記事にとって本当に重要なポイントだという事を
理解していただけたでしょうか?

 

本文を読まれるリード文(序文)を書くための4つ手順

リード文(序文)を書く4つ手順

➀読者へ問題提起をする
②読者に共感や興味を持ってもらう
③読者に本文内容の要約を示す
④読者へ本文をを読むべき理由とアクションを促す

 

➀読者へ問題提起をする

記事タイトルに入れたキーワードから読者のニーズや悩み理解し
読者に対し

(例)
「○○○について、このような事で悩んでいませんか?」

といったように問いかける文章を置くことが、
「読者への問題提起をする」という事です。

読者のニーズや悩みにドンピシャであれば、
「うんうん、そうなんだよ」って思いますよね。

そう思ってもらえれば、「読者への問題提起をする」といった
第一段階は成功で次のフェーズに進みます。

 

②読者に共感や興味を持ってもらう

ここで前回の「読者への問題提起をする」の続きになりますが、

(例)
「実は私も○○〇で悩んでいた事があったので、
その気持ちは良くわかりますよ」

といった文章により読者に共感を持ってもらいます。

引き続き
(例)
「でも○○〇な事をダメもとでしてみたら
意外と簡単に解決する事ができました。」

といった文章で読者に興味を持ってもらいます。

そして次のフェーズに進みます。

 

③読者に本文内容の要約を示す

ここで本文には、読者の問題解決をする事ができる内容がある事の
要約を示していきます。

その事により読者は本文にある内容をアバウトにイメージする事が、
出来るようになりますよね。

本文に問題解決できるコンテンツがある事をイメージした読者は、
戸惑うことなく本文へ読み進めていくでしょう。

読者に「本文内容をイメージしてもらう」
この事が読者に本文内容の要約を示す目的となります。

 

④読者へ本文をを読むべき理由とアクションを促す

前の段階で読者は、ある程度の本文内容をイメージし興味を持っています。

そこへ「もう一押し」で読者に対し本文を読むべき理由を示す事で
読者は本文への期待が高くなっていきますよね。

そこへ
(例)

「早速始めていきましょう!」といったアクションを促し閉めます。

いちろう
いちろう
読者の本文に対する期待感が更に高まれば、
本文を最後まで読んでくれる可能性も高くなりますよね

ここまでが「本文を読まれるリード文(序文)を書くための4つ手順」です。

今回の「本文を読まれるリード文(序文)を書くための4つ手順」ですが、
特に悩み解決の記事などを書く場合に有効で、多くの場合使えますが、

例えば
○○の登録方法
○○の導入方法
といったような内容の記事に。そのまま使用すると不自然になりますから
その点は注意して臨機応変に使っていきましょう。

 

リード文(序文)を書く際3つの注意点

リード文(序文)を書く際には、3つの注意点があります。

リード文(序文)は本文へ誘導さへできれば何を書いても良いわけではなく
それなりのルールというものを理解しておいてください。

リード文(序文)を書く際3つの注意点は、

・リード文(序文)は出来るだけ短くする
・根拠の無い事は書かない
・意外な真実を伝える

となります・

それでは各注意点について見ていきましょう。

リード文(序文)は出来るだけ短くする

リード文(序文)は長文を書く事をせず出来るだけ短く
要点を絞って伝えていく必要があります。

目安としては150文字前後でまとめる事が出来れば理想ですね。

この部分で意味が良く分からない長文で、
読者に良くない印象を与えてしまうと本文へ行く前に
離脱してしまう可能性が高くなってしまいますので注意しましょう。

根拠の無い事は書かない

この事はリード文(序文)に限った事ではありませんが、
根拠の無い事を適当に伝えていくと読者からの信頼を無くし、
本文に対する期待感も失せてしまいます。

明らかに事実でない事は決して書かないようにしましょう。

意外な真実を伝える

読者が知らない可能性の高い事実を知っていれば、
リード文(序文)で積極的に伝えていく事で読者は興味を示し
より本文へ読み進めてくれる可能性が高くなります。

リード文(序文)は文頭で解説させていただいた
「本文を読まれるリード文(序文)を書くための4つ手順」のような定説以外に、
意外な事実から本文へ誘導する事も出来る事を覚えておくと良いでしょう。

 

リード文(序文)が思いつかない上手く書けない時の【小技】

リード文(序文)を書き始めようとした時に、
上手く内容が思いつかなくて書くことが出来ない場合もあると思います。

そんな時に知っておくと助かる「小技」があるので覚えておきましょう。

➀本文から先に書き終えてしまう
②本文内の肝となる要素をピックアップしておく
③リード文(序文)の書き出し(切り口)を検討する
④リード文(序文)を150文字前後で書きあげる

 

➀本文から先に書き終えてしまう

記事を書く場合においてリード文(序文)の箇所を飛ばし
先に本文を書きあげてしまうといった方法があり、
良いリード文(序文)を書く際に有効な手段となります。

本文で「何を・どのように・できた」かを明確にしてた記事を作成する事で
良いリード文(序文)を書きやすくもなるし本文そのものも質も上がるでしょう。

 

②本文内の肝となる要素をピックアップしておく

本文を先に書くことで記事の「肝」となる要素をピックアップしておきます。
記事本文の「肝」を抽出しておく事で、良いリード文(序文)を書く時に、
スラスラまとめていく事が自然にできるようになるでしょう。

本文を書くときに記事の記事本文の「肝」となる部分を
箇条書きにしてメモ帳で一時的にまとめておくと良いでしょう。

 

③リード文(序文)の書き出し(切り口)を検討する

リード文(序文)を書きだす場合、分かり易いよう1つ例を挙げてお話しますね。

例)
「SEOで効果のあるツールを紹介する記事」の場合
読者がSEOで効果が中々出ないで事で悩んでいる事が想定できますよね。

この場合リード文(序文)の切り口を

「SEOで効果が上がらない事で悩んでいませんか?」
と書き始め

「今回ここでは、SEOで効果を出せるツールを紹介します」
と読者の悩みを解決出来る事を提示していけば本文に対し
興味を持ってもらえるリード文(序文)になります。

このようにリード文(序文)の書き出し(切り口)で、
読者に興味を持ってもらえるか念頭に書き出してみてください。

 

④リード文(序文)を150文字前後で書きあげる

前文②③で説明してした内容を元にリード文(序文)を作成していきますが、
リード文の目的は読者が本文へ読み進めてもらう事なので、
その事をシンプルに伝える為に「150文字前後」にまとめて書いてみましょう。

ここを長文にしてしまうと返って何を本文で伝えようとしているのか。
といった目的がボヤケテ読者に伝わりにくくなってしまう可能性があります。

リード文(序文)が上手く書けるようになるまでは、
まず150文字前後で書く事から始めてみましょう。

 

本文が読まれるリード文(序文)のテンプレート

ここでは初心者の方でも悩まず本文が読まれるリード文(序文)が書けるように、
テンプレートを紹介しておきます。

このテンプレートの「STEP」の順に文章を書きパズルのように、
組み込んでいく事で本文が読まれるリード文(序文)書く事が可能となります。

本文が読まれるリード文(序文)が普通に書けるようになるまでは、
このテンプレートを常に「念頭に入れて置く」ようにしてみましょう。

 

まとめ

今回は本文が読まれるリード文(序文)を書く際の重要なポイントについて、
説明させていただきました。

リード文(序文)というのは文字数も少ない為、一見簡単に書けそうですが、
しっかりポイントを押さえておかないと意味不明になってしまい、
本来の目的を達成できないばかりか、読者離脱の原因にもなってしまいます。

そのような最悪な結果を回避するためにも

・リード文(序文)の重要な3つの役割
・本文を読まれるリード文(序文)を書くための4つ手順
・リード文(序文)を書く際3つの注意点
・リード文(序文)が思いつかない上手く書けない時の【小技】
・本文が読まれるリード文(序文)のテンプレート

といった項目に今回ここでは分けて
更に各項目の内容について、出来る限り詳細に説明してきました。

初心者の方は特に今回の重要ポイントを最低限、念頭に入れて置くことで
本文が読まれるリード文(序文)を書く事が可能になります。

ここで説明させていただいたリード文(序文)のポイントは、あくまで一例で、
初心者の方や上手くリード文(序文)を書けない方に向けた内容です。

まずは今回ここでの内容でリード文(序文)書いていき慣れたり自身が付いてくれば、
次のステップとして自分なりに書きやすい方法を模索していきましょう。

いちろう
いちろう
たかがリード文(序文)
されどリード文(序文)ですね!