WordPressブログ始め方

Xserverドメインで新規ドメインを取得する手順の図解入り解説

レンタルサーバーの国内シェアNO1のエックスサーバが関連サービスとして、
「Xserver domain 」というドメイン取得サービスを運営しています。

ここではXserverドメインを使い新規ドメインを取得する手順について、
図解入りで詳しく解説します。

それでは始めていきましょう。

 

Xserverドメインで新規ドメインを取得する手順

まずXserverドメイン公式サイトへアクセスします。

ページ上部にある「お申し込み」ボタンをクリックします。

ここで希望するドメイン名を検索窓に入力し「検索」ボタンをクリックし、
新規でドメインが取得できるかチェックします。

ドメインが既に他者によって取得されている場合は検索結果で「×」マーク、
取得可能なドメインには「〇」印が付き取得できる事を意味します。

今回は例として「ogawa-ichirou」と入力してみました。

今回は殆ど取得できるので「〇」印ばかりになりました。

またレンタルサーバー「エックスサーバー」利用申し込はここではしないので、「利用しない」にチェックを入れます。

最後に「取得手続きに進む」ボタンをクリックします。

取得できるドメインが数種類あった際には。
なるべく「.comもしくは.net」を取得する事を推奨します。

SEOに強いドメインとは?失敗したくない【現在のおすすめドメイン】

「.comもしくは.net」を推奨する理由につきましては、
この記事内のまとめの章で説明しています。

「Xserverドメイン」のアカウント登録画面が表示されましたら
既にXserverと契約済の方は右側の「Xserverアカウントをお持ちの方」から
登録情報を入力して「ログイン」します。

今回は「Xserverアカウント」を新規で登録する場合を例に解説しますので、
左側の「Xserverアカウントの登録へ」ボタンをクリックします。

登録画面で今回は個人で登録する事を例として解説します。

任意のメールアドレスを入力し、パスワードを設定され、
契約者種別の項目でプルダウンより個人を指定します。

続いて*印の必須項目を全て入力および選択します。

「WHOIS代理公開サービス」を利用するか選択する項目になります。

ここで「WHOIS公開代理サービス」の利用を希望されない場合、
個人情報が全世界に公開されるので、希望するにチェックを入れる事を推奨します。

この設定の場合、個人情報に変わってXドメイン側で、
情報を代理してくれるので、個人情報が公開される事はありません。

以下の項目

・インフォメーションメールの配信:希望するにチェックを入れます
・利用規約:利用規約に同意するにチェックを入れます
・個人情報に関する公表事項:個人情報に関する公表事項に同意するにチェックを入れます

全て入力が済みましたら「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

先ほど入力されたメールアドレスに確認メールが届いていますので、
メール内に記載されている確認コードを入力し
「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

「SMS認証・電話認証をする」ボタンをクリックします。

認証コードを受信する為の電話番号を入力し、
「テキストメッセージ(SMS)で受信」にチェックを入れて、
「認証コードを受信する」ボタンをクリックします。

電話に受信した認証コードを入力して「認証をする」ボタンをクリックします。

「お支払い方法を選択する」ボタンをクリックします。

各種支払い方法が選べるので今回は「クレジットカード払い」を選択しました。

カード情報を入力して「お申込み内容の確認」ボタンをクリックします。

確認画面にて間違いが無ければ「同意する」にチェックを入れて、
「申し込む」ボタンをクリックします。

申し込み内容の送信画面が表示されれば、
「Xserverドメイン」でのドメイン取得は完了となります。

ドメインを取得しXserverドメインでアカウント登録が完了しますと、
登録されたメールアドレスまで会員登録完了のメールが届きます。

メール内には

・会員ID
・登録メールアドレス
・管理パネルのURL

が表記されています。
尚パスワードはセキュリティ上、表示されていませんが、
申し込みの際に入力したパスワードを使用します。

そして、このメールは非常に重要なので必ず保管しておきましょう。

Xサーバーの「・メリット・デメリット」 実体験談 評判 口コミおすすめな人実績と信頼ある国内サーバーを探していませんか? 多くのユーザーにしじされ安心して使いたいなら 国内シェアNo.1のXサーバーをお...