SEO対策

検索エンジンの仕組って?【仕組み・歴史・最適化など初心者にも分かり易く解説】

SEO対策を効果が出るようしていくならば、
検索エンジンについて最低限度の知識は必要だと思いませんか?

そもそも根本的な事を理解しないでSEOで効果をあげられるでしょうか?

基本を知らずに対策しても、的外れな事ばかりで
時間を浪費するだけになってしまう確率が上がってしまう可能性があります。

また故意ではなく知らずにペナルティを受けてしまう事を実行しているなど…
SEOで成果を本気で出したければ基本的な検索エンジンの仕組を理解しておきましょう。

SEOのプロを目指す訳ではないのだから必要最低限の事を理解しておくだけでも
結果は違ってくるハズだと思いませんか?

ここでは検索エンジンの基本的な仕組み種類などについて解説していきます。

まず基本を知る事で対策の糸口が明確に見えてくるでしょう。

SEOを勉強したい方や、Web上でマネタイズを考えている方など、
今回をキッカケに検索エンジンに対し基本的な事をしっかり頭に入れておきましょう。

 

検索エンジンの仕組みについて

●検索エンジンの基本的な仕組み

・クローリング:検索エンジンクローラーがあなたのブログやサイトを巡回する

・インデックス:クローラーが巡回しブログやサイトをネット上に登録する。

・ランキング:ランキングエンジンがブログやサイトの検索順位を決める

それでは検索エンジンの基本的な上記3つの仕組みについて、
順番に説明していきます。

 

クローリングについて

検索エンジンのクローラーが被リンクなどを辿りながら
あなたのブログやサイトに巡回してきますが何もしないでいると
一般的には巡回してもらえるのに時間が係ってしまいます。

そこで仮にあなたがWordPressブログを運営していたとしたら
WordPressプラグインの「Google XML Sitemap」を導入して
クローラーが模範に巡回してくれるよう手を打つ事もできます。

「Google XML Sitemap」は設定させしておけば
後は自動でサイトマップをクローラーに送信してくれる便利なプラグインです。

WordPressプラグインというのは本当に便利な拡張機能を提供してくれますし
他にも優秀なプラグインもありますから興味があるようでしたら
以下の記事も読んでみてくださいね。

WordPressプラグイン本当におすすめ 6+8選!導入、設定、使い方まで徹底解説!WordPressを使っているとこんな事が簡単にできると便利なのに… と次々いろんな機能が欲しくなりますよね? そんな願望を...

 

インデックスについて

クローラーが巡回し記事の内容をチェックした後で問題が内容であれば、
その記事をインデックス(検索ページ登録)します。

また運営しているブログやサイトのインデックス数を確認するには
検索で「「site:対象のブログやサイトのURL」」で簡単に調べる事ができます。

更に正確なインデックス数を確認したい場合は
GoogleSearchConsoleを利用する事で可能になります。

またGoogleSearchConsoleには他にもSEO対策で必要なデーターが収取できますから
もし利用されてないとしたら無料ですので、これを機会に使ってみてください。

グーグルサーチコンソールの導入・初期設定・使い方についてグーグルサーチコンソールは、グーグルアナリティスクと共に アクセス解析をする上で欠かせない高機能なツールということで定評があります。...

投稿した記事数に対しインデックスされている記事数が
明らかに少ない事が確認されたとしたら記事内容が
重複しているとか極端に低品質な記事であるとか何かしらの問題があります。

 

ランキングについて

検索エンジンのクロールによって情報が収集されインデックスが完了すると
次はランキングエンジンによって検索順位が決定します。

この時の評価基準は検索エンジンのアルゴリズムの総合得点(PageRank)よるものです。

また検索順位変動の要因には

・コンテンツの質
・ユーザー目線で役に立つ内容や構成になっているか
・情報の網羅性はできているか
・記事に対する権威性
・情報の鮮度
・ブログやサイトの内部SEO対策ができているか
などなど

上記の内容が検索エンジンで評価の対象となりますから
SEO対策をする上で検索エンジンのランキングの仕組みを知る事は重要です。

SEOで検索上位を狙う為の文章の書き方「Webライティング」 検索上位できないで悩まれている方に ここではSEO的に検索上位を狙うための記事作成方法 文章の書き方について、お...

検索エンジンのランキングを決定する際にもっとも重要視しているポイントは、
一言でいうと「ユーザーファースト」になっているか?という事。

つまりユーザーの役に立つ内容になっているか
ユーザーに対する利便性などがポイント。

それでは検索エンジンが何故「ユーザーファースト」を好むのか理由は?

この事は逆に考えてみれば更に理解できますね。

ユーザーの役に立たない情報がNGな理由

➀ユーザーが何かしらのニーズを満たすため「検索」します。

②すると役に立たない情報ばかりのサイトがヒットしました。

③ユーザーのGoogleの利用頻度が低下します。

④結果、広告の収益が減る事になる

如何にGoogleが「ユーザーファースト」を重要視しているか理解できますよね。

だからブログやサイトの運営者も「ユーザーファースト」が必須となる訳です。

いちろう
いちろう
検索エンジンの「カラクリ」が
少し見えてきましたよね

 

検索エンジン進化の歴史

●2000年前般の頃は以下のようなサイトが多く表示されていた

・全くユーザーの役に立たない利益だけが目的の売り込みサイト
・詐欺まがいの広告で煽るばかりのサイト
・内容を伴わないアフィリエイトサイト

●2011年終盤の頃
・ユーザーに全く役立たないサイトは圏外へ
・逆にユーザーに役立つ情報のサイトが検索上位へ
・検索エンジンが「ユーザーファースト」の方向へシフト

この傾向は益々強くなっていく事が予測されるので、
ブログやサイトの運営者も「ユーザーファースト」路線で進んでいきましょう。

 

検索エンジンの種類について

検索エンジンは誰もがしるメジャーなとこから
小規模なマイナーなとこまで様々なタイプが存在しています。

今回ここでは有名どころを紹介してみます。

➀誰もが知る最大手

 

②日本で利用者NO1

 

③Microsoftの検索エンジン

 

④中国で最大手の検索エンジン

 

⑤韓国利用者NO1

 

●主要検索エンジンの世界シェアを見ると

検索エンジン Google Yahoo! bing
シェア 74.96% 18.62% 5.89%

Yahoo!もGoogleのデータベースを活用しているので、
同じ仕様の検索エンジンとして考えると。

このシェア率を見れば検索エンジンの仕組みを知るには、
つまりGoogleの検索エンジンの仕組みを知れば良いという結論になります。

SEOで検索エンジン対策はGoogleの検索エンジンの対策をするという事ですね。

Googleの検索エンジンの仕組みを理解するとSEOで効果がある対策が理解できます。

 

Google検索エンジン最適化について

それではGoogle検索エンジン3つの仕組みに対して、
最適化する具体的な方法について説明します。

クロール最適化について

クロール最適化の取り組みとしては、どれだけ頻繁にサイトへ巡回してもらえるか。
そして各記事の情報を正確に読み取ってもらう事。

そのために有効なのが有効な被リンクを獲得する事ですが、
これが一番難解で、ひと昔前にブラックハットといった自作自演で被リンクを獲得し、
検索上位表示させる事が主流になっていた時期もありましたね。

またリンクを購入や、中小検索エンジン被リンク自動ツールのようなものも流行りました。

それら過去の施策も目的は検索エンジンから頻繁にクロールしてもらうためですね。

しかし現在において、このようなブラックハット的な事を実行すれば、
逆効果で検索順位を落とす事にもなりかねません。

ブラックハットが効果あったのは既に過去の話となりました。
現在のSEOに最も有効なのは良質なコンテンツをユーザーに提供する事。

そして上位表示を狙うぺーじへ多くクロールしてもらう為の内部SEO対策が
クロールの頻度を高めSEO効果をあげるクロール最適化になる訳です。

簡潔に言うと良質なコンテンツ内部SEO対策」これがポイントです。

内部SEO対策で効果ある方法内部SEO対策で効果ある方法を探している方へ 現在のSEOで重要視されていることは、 ユーザーの利益となる高品質な記事を作成し続...

 

インデックス最適化について

インデックス最適化するには、ページのHTML構造を最適化する事が重要なポイント。
逆にHTML構造を最適化していないと文章の良し悪しに関わらず
Googleの変策エンジンがページ内容を正確に読み取る事が困難になってしまいます。

また仮に、
どうしてもユーザーの為に重複するコンテンツが必要な状況にあるページであれば、
あえてインデックスされぬようnoindexの設定をしましょう。

最後にまとめると、SEO的に有効な良質なコンテンツを作成し、
インデックスさせたくないページにはnoindexの設定をし
ページのHTML構造を最適化する事が最良のインデックス最適化になります。

 

ランキング最適化(コンテンツ最適化)について

ランキング最適化するには、コンテンツ最適化する事になり
Google検索エンジン及びユーザーにとって評価が高くなります。

ユーザーに評価の高いコンテンツは検索上位されていく事で
【ユーザーが増える→Google評価が上がる→更にユーザーが増える】
といった正のスパイラルを呼び起こします。

このようなコンテンツ最適化なくしては、
如何に「クロール最適化/インデックス最適化」に注力したところで、
全く持って無意味に等しい結果になる事は明白です。

その理由は「クロール最適化/インデックス最適化」はコンテンツのクオリティー以上に、
検索上位表示させる事ではなくコンテンツの価値そのものを適切に
Google検索エンジン(ランキングエンジン)に評価してもらうためにあるからです。

・クロール最適化
・インデックス最適化
・ランキング最適化(コンテンツ最適化)

上記した3つ最適化の事をじっかり念頭に、
今後のコンテンツ(記事など)作成、SEO対策に活かしていきましょう!

こうした検索エンジンの仕組みをしっかり理解する事で、
SEO対策や記事作成の方向性にブレが生じなくなり結果的に、
最短でGoogleから高い評価を受ける事が可能となるでしょう。

また情報過多の時代ですから「簡単に誰でも○○する方法」などといった
疑わしい甘い情報に惑わされる事もなくなります。

そのような事も検索エンジンを理解する事のメリットでしょう。

 

SEO(検索エンジン最適化)について

最後にSEO(検索エンジン最適化)について説明します。

SEOとは検索エンジン最適化の事で、
SEO対策とは、検索上位表示させるための施策でありスキルです。

検索上位表示させるための具体的な方法

Google検索エンジンが検索順位を決定するための指標は
数百に及ぶとも言われています。
しかし、真実はGoogle以外に知る由も無く全て予測的な数値といえるでしょう。

ただ検索上位表示させるための方法というのは存在します。

王道のSEOともいえる適切にキーワードを含めた良質のコンテンツ(記事)を作成し、
コンテンツが最大評価を得るよう「クロール最適化/インデックス最適化]に徹する事。

この事は前でも言いましたが検索上位表示させたいのであれば、
絶対に欠かすことはできない最重要ポイントになります。

この事をしっかり押さえておくことが検索上位表示させる具体的な方法であり
王道のSEO(検索エンジン最適化)になります。

いちろう
いちろう
検索エンジンの仕組みをしっかり理解しておくことは
SEOを考える上でなくてはならない重要なポイントになるので、
しっかり覚えておいてくださいね!